Entries

左門くんはサモナー 第2巻 新キャラ続々登場!!

 

 週刊少年ジャンプ掲載、沼駿先生の『左門くんはサモナー』第二巻です。
 ボッチな新キャラアンリ・マユが天使ヶ原と友達になるお話でした。

 天使ヶ原桜のいる学校に転校生の左門召介がやってきた。彼はいい人が嫌いで、召喚士だった。
 天使ヶ原のいい人ぶりが気に入らない左門は悪魔を召喚し嫌がらせを繰り返す。
 天使ヶ原のトラブルをなんだかんだ言いながら解決する左門。
 そんな中、クラスメイトの九頭竜や、悪魔のネビロスなど周りが騒がしくなっていくのである。

 今回は新キャラのアンリ・マユがおいしかったです。
 左門が好きで、天使ヶ原に敵意をむき出しにする彼女がかわいかったですね。
 黒髪で褐色肌がポイント高かったな。でも性格は暗いのが難点なのである。 

 特にネビロスとの横暴な態度が面白かったです。
 一応アンリ・マユはゾロアスター最強の悪神で、会社で言えば社長。ネビロスは部長クラスなのだ。
 そんなボッチな彼女の心を天使ヶ原が溶かすのだから大したものである。
 
 私もリアルじゃボッチなんですよね。学生時代は人付き合いはあったが空気読めなくて敬遠になった。
 ……、正直思い出したくもない、いや、忘れ去りたい記憶だ。
 でも天使ヶ原のような人と友達になれたら幸せになれる気がするな。
 左門の嫌がらせや、九頭竜がクズでも付き合ってくれるし。
 いや、そういう甘い考えを持つから、ボッチになるんだよね。

 天使ヶ原は気遣いのできる人だ。だから人に好かれる。媚びを売るのとは違うのだ。
 彼女はそれを自然にできる。だから仏と呼ばれるのである。
 私も気を遣えば、ほめてもらえた時があった。自己中より、気遣いができる人になりたいな。
 
 短期連載のモロモノの事情も掲載されており、面白かったが、左門くんも面白かったです。
 さらっと読んだときは気にも留めなかったけど、単行本で読むと面白さが倍増するのが不思議だ。
 みんなも読もうぜ。笑えるから。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1331-7dcdfb00

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR