Entries

セガサターン ファンタシースターコレクション

 

 一九九八年にセガから発売されました。1から4までをほぼ移植し、追加要素が加えられました。
 プレイできてもクリアできるとは限りませんけどね。

 ファンタシースターとはセガの看板ゲームです。
 1は一九八七年、セガマークⅢから発売され、現在もシリーズは続いております。
 
 「セガはロールプレイングゲームを変えてしまう!
 ファンタシースター!
 かつてない脅威のグラフィック、壮大なるSFストーリー!!
 その秘密は、四メガ。
 ファンタシースター!!」



 確かテレビアニメ、赤い光弾ジリオンでCMをやってました。
 実写の女の子はともかく、ゲーム画面に魅力を感じましたね。
 敵キャラが動くのです。ドラクエですらSFCで六からなので、すごいものだ。
 今見れば結構しょぼいが、当時は衝撃的でしたよ。うん、すごかった。

 当時小学生の私にはプレイなど無理でした。だってお金がないのだもの。
 セガサターンにコレクションが移植されたときはどきどきしましたね。
 実際プレイしてみるとゲームバランスが悪かった。それでも楽しかったな。
  
 あと2です。2は一九八九年にメガドライブから発売されました。
 特にネイに目が行きましたね。とんがった耳に紫色のレオタードは中学生だった私の心を鷲掴みにしたのです。
 シンプルで飾り気のないのが素敵でした。
 おかげでしばらくはレオタード美女に悶々する日々が続きましたね。
 セガエイジス版だと余計な装飾がついて、魅力が台無しだと思いました。

 肝心の内容だけど、ダンジョンが複雑すぎ、天井のパイプが邪魔で見づらいです。
 ダンジョンのせいで心が折れましたね。
 初めてのハードだから開発が難しいとされており、余計なギミックを入れちゃった感じです。

 3と4はほとんどプレイしてない。なんとなくする機会がなくなったのです。
 まだセガサターンとソフトは持っているのでプレイはできるけど、セガサターンの電池が切れているからな。
 1も電池切れでセーブができなくなったのでふててしまったのだ。

 でも4のファルの魅力は今でも通じると思うんですよね。
 今は容量が増えたおかげか、装飾が豪華なのが増えています。
 でもシンプルなレオタードタイプは捨てがたいと思うのです。

 双葉文庫のゲームブックは買いましたが、捨ててしまいました。
 ファンタシースターの世界はいまでも持っています。

 開発者のインタヴューとライターのファンタシースターの愛が込められた一冊です。
 贔屓が入っているかもしれないけど、読み応えのある内容でした。
 小学生の頃に見たCMに心を惹かれ、二九年。
 来年はファンタシースター生誕三〇周年です。何か企画があってもおかしくないですね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1330-c8b904d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR