Entries

セガサターン 下級生


 一九九七年にエルフから発売されました。一九九六年にPC-98から発売されたものです。
 エルフが自社開発したのですね。

 先週が同級生だったのに、2じゃないのは不思議だと思う人はいるでしょう。
 実は2の家庭用はプレイしてません。逆にPC-98版はプレイしたけどね。
 あくまでうちは家庭用ゲームの感想しか書かないのでご了承ください。

 卯月学園に在学する主人公は高校三年生である。最後の年で女の子と仲良くなることを決意する。
 同級生シリーズとシステムは似ているが、細かい部分は違う。
 キャラデザは門井亜矢氏。柔らかな絵柄が特徴である。

 最初私は下級生に興味がなかった。システムは同級生に似ているからだ。
 同級生は夏休みだけだったが、下級生は一年もあるのである。ダラダラしていると思った。
 だがそれは大きな間違いであった。一年といっても主人公が行動できるのは土日だけなのである。
 これは主人公が叔父の経営する喫茶店でアルバイトしているからだ。さらに寮生活なので門限があるのです。
 この設定のおかげでシステムが理解できるのはすごいと思った。

 下級生はデートをこぎつけることはできるが、それっきりのイベントではない。
 積み重ねが重要なのです。もちろん特定の場所でデートすればイベントが起きることがある。
 そして最後の一線を越えられるのも自由なのです。
 もちろん特定のフラグを立てないとクリアできないキャラもいますが。

 セガサターンだからエロはない。せいぜい女の子のアップがあるだけだ。
 だが声がエロかった。CGではなく、声で表現するのはすごかったね。
 もちろん門井氏の絵もすてきです。
 珍しく全キャラクリアしたゲームでもあります。もう十数年も前の話ですが。

 当時はラジオドラマとかOVAとか買ってましたね。
 アーケードのポスターなんかも集めてました。
 結構思い入れの強い作品です。
 あと下級生とあるけど、下級生は四名しか出てないのはこれ如何に。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1324-27feaa3a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR