Entries

転生したらスライムだった件 第一巻感想


 WEBで大人気の小説「転生したらスライムだった件」の漫画です。
 月刊少年シリウス連載の作品です。

 元は小説家になろうで知った作品です。面白くて一気に読みふけりましたね。
 書籍化されているようですが、とりあえず漫画のほうを手にしました。
 まあWEBの小説と読み比べて楽しんでいるところです。

 異世界にリムルというスライムがいた。
 我々の知る現代に住む三上悟が突然死し、転生したらスライムになっていたのである。
 初めて出会った友達、ヴェルドラというドラゴンを自らのスキル捕食者で同化した。
 リムルの名はヴェルドラからもらったのだ。
 だがそれが異世界を揺るがす大事件へとつながったことをリムルは知らない……。

 私はドラクエ世代なのでスライムは雑魚モンスターという印象がある。
 ただT-RPGだとスライムは物理攻撃が通じない敵だ。
 この作品はドラクエ世代を訴えたものと認識している。あくまで私の中だけです。
 まあドラクエのスライムはシリーズを重ねるごとに、いろんな種類が出ています。
 スライムは弱いゆえにあらゆる環境に合わせられるからだと思う。

 しかし自分がスライムになった気分はどうだろうか。私なら発狂してしまうだろう。
 リムルには大賢者というスキルがあり、疑問を答えてくれる能力だが、それでも人としゃべれないのはつらい。
 だからこそ初めて出会ったヴェルドラに感動を覚え、友達になったのだろう。私でもそうする。
 そして自分を崇めるゴブリンたち。彼らはリムルを頼るのだ。頼られると期待に答えたくなるものですね。

 もっとも自分に能力があるからだろう。だがリムルはそれらをうまく利用しているのがうまい。
 例え能力があっても使いこなせなければ意味がない。あたまでっかちより経験が大事なのだ。
 リムルの前世は三七歳の会社員だった。ある程度世間にもまれていたから、耐性がついていたと思う。
 私はだめだ。知識はあってもそれを生かせるとは思えない。大賢者に補佐されてもパニックになっていたら意味がない。

 小説と漫画ではイメージと違うけど、絵になると新鮮に見えました。
 漫画は割と簡略化されており、テンポよく読めましたね。
 小柄なゴブリンたちが筋肉隆々になり、女性陣は色っぽくなったのも漫画ならではです。
 表紙の女性は井沢静江という、のちにリムルと戦う同郷者だ。
 第六話でエルフの女性が水晶玉で映してくれました。原作ではまだ出番がないからここで出したのでしょう。

 巻末では書下ろしの小説がついています。ヴェルドラがリムルに捕食された後の話です。
 リムルの声に応じなくても、ヴェルドラ自身はリムルを見ていた設定ですね。
 基本的に漫画版が主なので、WEB版を読んでも楽しめました。

 小説が気に入ったら、読んでみることをお勧めします。
 異世界でチートだけど、私は楽しめました。
 設定で毛嫌いするのはよくないと思いましたね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1321-a4094b09

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR