Entries

二月の新作はハーレムプレリュードです


 二月の新作はハーレムプレリュードです。
 仙樹歴一〇二〇年、オルシーニ王国が舞台で、セリューンが主役です。
 当時セリューンは名門アドリアン領主の座に就いたそうだ。

 相手は『輝鬼衆』の若いくノ一、凛々しき女騎士、宰相の娘と孫。
 そして、のちに運命の人となる王女マリーシアの母たる王妃殿下です。
 若いくノ一はリサイアでしょう。凛々しき女騎士はよくわからない。
 宰相はボーネットのことだろう。ちなみにストライカーのフロマージュは連なるだけで孫ではない。

 プレリュードが出るのは、ジェネラル2とシークレットの反省かもしれません。
 なぜならジェネラル2にはヴァルキリーのヒロイン、レイチェルがいる。
 そしてシークレットではキャラバンのヒロイン、バーバラが出ていた。
 
 二人とも初登場の時は非処女であった。その後、主人公のハーレムの一員になる。
 だがジェネラル2とシークレットでは、その作品の主人公に初めてをささげたのだ。
 それゆえに後記の作品ではハーレムの一員に加わらなかったのである。
 ああジェネラル2ではジェネシスのルシアナも出ていたが、こちらも加わらなかったね。

 非処女が悪いわけではない。他にも未亡人や経験者は大勢いる。
 だが後付けとはいえ、別の作品で初めては別の人というのが耐えられない人もいるのだ。
 昔は竹内先生は絵師に合わせて、キャラを出していた。

 ハーレムパラディンではパイレーツのイシスがゲスト出演していた。
 ハーレムジェネラルではヴァレリアとレイテが、ハーレムディスティニーではクライシスのケイトが出てました。
 ジェネラル2では絵師が別だけど、レイチェルの若い頃の話なので、別の絵師だが出演している。
 もう絵師にこだわらなくなったのかもしれない。

 その点プレリュードは別だ。リアイアはもとより、おそらく鬼骨の軍師に出ていたキャラを出すだろう。
 お古を相手にするということがなくなったのである。

 鬼骨の軍師ではラルミーゼル、アンジェリーナ、メルディスがいる。
 ラルミーゼルは宮廷魔術師で、メルディスは女将軍だ。メルディスが女騎士の可能性が高い。
 アンジェリーナはよくわからない。
 ただアンジェリーナは出ないかもしれない。のちにデルムガスト将軍の妻になるからね。

 プレリュードは二月二七日に発売されるので、感想は三月に持ち込まれます。
二〇一六年二月一一日追記:
キルタイムのブログ更新。くわしくはこちら

 予測通り、表紙の忍者はリサイアで、女騎士はメルディスでした。
 もう一人はマリージェーンで、マリーシアの母親です。
 あと二人エイドリアンとクラウディアが紹介されました。
 こちらはボーネットの長女と孫娘ですね。エイドリアンが孫娘です。

 リサイアはまだ色気がなく、健康な感じがします。
 メルディスは初めて絵になったけど、あくまで一〇二〇年時点ですからね。
 おそらくアンジェリーナは名前だけでしょう。
 ラルミーゼルも正直微妙なところです。こちらも名前くらいは出るかもしれない。
 
 あとはマリージェーンです。彼女はケリュフェスの妻でしょう。セリューンは人妻すら相手にしたようだ。
 さらにクラウディアとエイドリアンが一緒のイラストがある。
 ひさしぶりに母娘丼が見られるようで楽しみですね。
 でもマリージェーンも夫が亡くなったからマリーシアとも楽しめると思うな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1316-2b37932c

トラックバック

コメント

[C234] 個人的な考え

シャドウにもリサイア(名前だけならシグレーンも)が出てきたしヒロインの出張は早くからありました。
ジェネラル2やシークレットに難があるとしたらルーシーやルシアナ(連続するとややこしいな)ではないかと思います。ルーシーはまだしもルシアナは完全にハーレムに加わったヒロインが浮気したような形になってしまいましたしね。

私の好みですが主人公はヒロインに好かれるにふさわしく、ヒロインは主人公に対して一途であってほしいです。今のハーレムシリーズは雰囲気が戦記物によって娯楽作品としてのご都合主義が足りないかな、と感じてしまいます。

乱文失礼しました。
  • 2016-02-04 23:37
  • しゅぴっつ
  • URL
  • 編集

[C235] なるほど

 ルシアナは挿絵なしだけどアレックスのハーレムの一員だった。それゆえにジェネラル2ではリュシアンの一員にならないのは自明の理である。
 ルーシーはロレントからレギンスに下賜された経歴があり、その前にマデリーンとも関係があったからね。

 しゅぴっつ様の意見は賛成です。私の考えとしては、ハーレムシリーズは極端にファンタジーに走らないからね。でも私は楽しんでます。これは読み手によって受け方が違うからですね。
  • 2016-02-05 08:47
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

[C236] キルタイムのブログ確認しました

情報ありがとうございました。マリージェーンがラルフィント王家の血筋というのがびっくりでした。これが老大国の貫録か…。こういうのがあるからこのシリーズは面白い。

話は変わりますが、管理人様は今年の作品群で新規の絵師さんを起用するならこの人、もしくは再登板を希望する方はいらっしゃいますか?
私は非戦記系という条件付きでFCT先生を推します。昨年の『ガーデン』のようなタイプの作品ならマッチすると思います。
また再登板を希望するのは黒澤先生(パンデモニウムを担当した方)。個人的な感想ですが、『パンデモニウム』は話の内容と挿絵がミスマッチな印象を受けました。非戦記系の作品の方が合うと思うので、ぜひ見てみたいというのが理由です。
  • 2016-02-11 14:40
  • Ts
  • URL
  • 編集

[C237] そうですね

 マリージェーンがラルフィント王国出身は意外でした。腐っても鯛といったところですね。プレリュードでいろいろ設定が出ると思うと心が躍ります。

 新規は正直よくわからないのでパスです。
 再登板なら一回こっきりの人がいいですね。
 私はあくまで竹内先生の作品が好きだから、絵師にこだわりはないですね。

  • 2016-02-11 15:27
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

[C242] 次回作情報

密林に4月作品の情報が上がってました。カジノが舞台だそうです。絵師さんの名前からラルフィント舞台作と考えられますが『プレリュード』と違い時期は明言されていませんでした。
  • 2016-02-23 14:38
  • Ts
  • URL
  • 編集

[C243] ありがとうございます

 Ts様いらっしゃいませ。

 情報ありがとうございます。もう4月の新作が公開されたとは驚きです。
 ウィザードアカデミーとシーフの方ですね。おそらくラルフィントが有力でしょう。
 何はともあれ楽しみです。
  • 2016-02-23 17:03
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR