Entries

UQホルダー 第9巻 刀太は祖父に一歩近づいたか

 

 UQも9巻になった。正直最初は短命で終わると思っていた。
 ネギまのような派手さがないからだ。いくら私がひいきをしてもほかの読者はわからない。
 しかし結果的に9巻も出たから成功といえるだろう。
 でも表紙がキティだからネギま人気に頼っているともいえる。

 前回では吸血鬼の貴族ダーナの下で修業をすることになった。近衛刀太。
 刀太はダーナの与えられたメニューをこなしていると、雪姫の元となるキティと出会う。
 吸血鬼になりたての彼女はダーナの城に閉じ込められていたのだ。
 交流を深めることで互いの距離が縮むと刀太は信じていた。
 だが、城の時間は不規則で、キティにとっては会える時間が開いていくのだった……。

 刀太が懸命にキティに会おうとする気概を感じられました。
 そりゃあ数百年後には雪姫として会えるのはわかっている。しかし当時のキティは違う。
 まだ普通の女の子として不死の体を呪っていたのだ。
 幻に過ぎない彼女を救うべく、刀太はダーナが与えた試練を4日でクリアしようとしていた。

 女性が自分に好意を持つとは限らない。私も女心がわからずフラれたことがあった。
 それは裏に一物があったからです。刀太のように本心を言ったことがない。
 打算を含んでも、女性というのはそれを感じ取れるものなのです。
 私は刀太がうらやましいと思いました。

 もっともその精神を鍛えたのは雪姫なんですけどね。彼女と修業をしたおかげで刀太は強くなった。
 そして向上心があり、現状に満足せず前を見る。これは育った環境のおかげでしょう。
 ただこれは言い訳に過ぎない。向上心は自分が持つ物だ。環境はおまけに過ぎない。
 刀太は他人をうらやましむ。だがねたむのではなく、それを取り込もうとする意欲がある。
 だからこそ、九郎丸やキリヱが惚れるのでしょう。夏凛は殺意を抱いてますが。

 ちなみに試練では上位雷精「ルイン・イシュクル」と対決しました。スゴイヤバイ存在で、ネギと同レベルの強さだそうです。
 今までの修業の成果を発揮し、倒すことに成功しました。
 ネギと同じ闇の魔法を利用したものですが、1秒しか持たないうえにフラフープを回さないとだめなのです。
 それでも強くなったのは事実ですが、刀太は納得していません。

 刀太は最後にアジトに戻り、雪姫に告白しました。
 もちろんふられましたが、雪姫はまんざらでもなさそうです。
 やはり裏表がない刀太の性質が彼女を救うのかもしれません。

 あと95話では1巻で登場した結城忍が再登場しました。
 そして近衛木乃香似の近衛帆乃香12歳と、桜咲刹那似の近衛勇魚12歳が出ています。
 さらに年老いた雪広あやかに茶々丸、孫っぽい少女が出ていました。
 一気にネギまに近くなったと思いましたね。 

 それと赤松先生の報告では2016年の後半はいろいろ知らせがあるそうです。
 もしかすると……?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1296-5e078da2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR