Entries

UQホルダー第百五話 今世界は刀太とキリヱしか動いていない。

 前回キリヱがセーブポイントを壊してしまったので、時が止まった。
 刀太とキリヱ以外まったく動いてない状況だ。
 しかもキリヱも初めての状態だから、対処のしようがない!!

 雪姫や夏凛はもちろん、九郎丸や三太も止まっていた。
 どんな不死でも時間が止まるのは避けられないようである。
 キリヱの能力が異色すぎる例ですね。

 ある意味ふたりっきりの世界だよね。
 しかも終わりが見えない。すごくコワイ!!
 終わりがないのが終わりみたいです。活殺自在に仕えなきゃ意味ないよね。

 ふたりっきりなので刀太はキリヱに礼を言います。
 キリヱがいなけりゃ大量に死者が出ていたからね。
 犠牲者を最小限に食い止めるのも不死者の役目だな。

 キリヱは必要以上に刀太を意識している。
 その刀太は雪姫の前で何か話そうとしていたが……?
 刀太の好きはまだ子供ですが、それゆえに純粋なんですよね。
 だからこそ言葉が重い感じがします。

 あと関係ないけど雪姫、伸びをしたらボタンがはじけ飛びました。
 ネギま時代だったらありえないことです。
 最後にそれを見る刀太は何を思うのでしょうか。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1290-728b5ab7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR