Entries

PCエンジン 超兄貴

 一九九二年に今は亡きメサイアから発売されました。

 横スクロールのシューティングです。

 プレイヤーはイダテンか、ベンテンを選択します。
 ステージではアドン、サムソンを取るとオプションになります。

 とにかく見た目のインパクトが強い作品といえましょう。
 すごくうねうね動く敵はかなり気持ち悪いです。
 一見は嫌悪してしまうかもしれませんが、慣れると面白いですね。

 さらに葉山宏治のBGMも印象深いです。
 特にボス戦の曲はいいものが多いですね。
 ドイツ人ジャーマンややえもんなど耳についたら離れないレベルでした。

 難易度はそれほど高くないです。何度も練習すればクリアできるレベルでした。
 
 当時は兄貴の意味がまったくわかりませんでした。
 しかし大人になるとその意味が理解できるようにまりましたね。
 アドンとサムソンて、ゲイ雑誌の名前だったのです。
 男同士といえば、むきむきマッチョが相手をするのが多いと思った。

 今は森の妖精であるビリー・ヘリントン氏などが有名です。
 釣り動画でガチムチパンツレスリングは珍しくありません。
 でもそれに嫌悪感を抱く人もいますので、注意が必要ですね。

 漫画だと山川純一先生が有名でしょう。数多くの漫画でネタにされています。
 もちろんヤマジュンが嫌いな人もいるので注意が必要です。
 私もネタとして楽しんでいます。

 超兄貴はあくまで筋肉が目立つだけのゲームです。
 独特の世界観にBGMがマッチした雰囲気が面白いのです。

 ゲームアーカイブスでもダウンロードできるので、ぜひプレイしてもらいたいですね。
 難易度もそれほど高くないから、気軽にプレイできると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1289-e0103eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR