Entries

暗黒街の顔役 十一人のギャング

暗黒街の顔役 十一人のギャング [DVD]暗黒街の顔役 十一人のギャング [DVD]
(2009/06/21)
鶴田浩二、高倉 健 他

商品詳細を見る

 1963年に公開された石井輝男監督作です。

 題名は11人のギャングですが、高倉健さんはトラックの運転手を演じており、運び屋を務めます。
 もちろんカタギで運ぶ荷物は何かは知りません。
 この時点でギャングとは言えませんが、そんなことはどうでもいいのです。
 この作品は十一人のギャングが出ている、ただそれだけの作品ですから。

 鶴田浩二と杉浦直樹は5億円強奪を計画する。そのためには仲間が必要だ。
 二人で5億を山分けし、他には400万。下手すれば金に目が眩んで裏切られる可能性がある。
 杉浦はまず健さんを雇う。健さんには三原葉子という恋人がおり、羽振りがよくなったので、知り合いの安倍徹にたれこむ。
 安倍には梅宮辰夫と伊沢一郎という部下がいた。

 鶴田は昔なじみの江原眞一郎を雇うが、江原は腹に一物あり、待田京介と高英男を誘う。
さらに鶴田は女社長の木暮実千代から金策を申し出る。木暮には丹波哲郎というボディガードがいた。

 あとアイ・ジョージも出ているが、誰かはわからなかった。
 11人のギャングが協力するのではなく、ギャングが11人出ているから、11人のギャングである。
 この時点で石井輝男監督のいい加減さがわかります。でも作品を楽しむには問題はない。

 鶴田には本間千代子という妹がいて、おもちゃのミニカーをくれた。
 さらに鶴田には瞳麗子というダンサーの恋人がいる。
三原は健さんと接触した杉浦を尾行するがばれる。そして一晩寝て深い仲になった。

 最後は丹波さん以外みんな死ぬ。
江原、待田、高は安倍の部下に無抵抗のまま銃殺され、運転手を務めた瞳さんも撃たれた。
健さんは恋人にふられた腹いせに安倍の部下たちをトラックごと特攻し炎上した。
最後に安倍の部下たちと銃撃戦を繰り広げた後、全滅。
 警察が駆けつけてきて、鶴田たちの遺体を担架で運ばれるシーンはむなしさと哀愁を感じた。

 鶴田が妹からもらったミニカーが踏まれるシーンは物悲しいですね。
 鶴田は母親と妹に会っており、お金が入ったら豊かな生活をさせてやろうと思ってたのに、夢がかなわず銃弾で消える。
 闇の世界の住人が死んでも、新聞に出るくらいだろうな。ド派手な銃撃戦とラストのむなしさは一品だと思いました。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/128-ce2b5e97

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR