Entries

UQホルダー第百一話 九郎丸は完全な乙女になっちゃったね



 九郎丸は悩んでいた。忍やみぞれといった人間は不死者にはない勢いがある。
 自分にはそれがない。さらに力量も刀太に及ばないと感じていた。
 
 不死者になったから成長しないと思っていたら、胸が成長してましたとさ。
 正直、九郎丸は男として刀太に恋をしてもらいたい。
 男か、女かと悩む姿が可愛らしいんですよね。

 そんな九郎丸にキリヱは入れ知恵を授けました。
 雪姫好みの白いワンピースを着ている姿はもろ少女です。
 さらに髪の色を染め、客として現れます。
 キリヱの細工で刀太しかいません。でも刀太は九郎丸とつぶやきました。

 これは刀太が九郎丸の正体に気付いたというより、単に似ているだけと思っていそうだ。
 まさか九郎丸が女装するとは思ってなさそうですしね。
 次回は九郎丸が刀太の挙動にドキドキしっぱなしな展開だと思うな。

 そういえば九郎丸は一族では厄介者扱いされ、呪われた身体と言われていました。第一巻四話にあります。
 八咫の烏族という種族で一六歳になるまで雌雄同体で過ごすようです。
 でもそれは九郎丸だけの特徴ではない。なぜ九郎丸だけ疎外されるのかがなぞなのだ。
 
 二巻の九話では不死身歴四年と半年。呪式不死化実験体と明かされてます。
 なぜ九郎丸だけそんなものを施したのかも謎ですね。
 おそらくそれが九郎丸の根本的な闇なのだろう。

 だがそれは後回しでいい。今は九郎丸の可愛さを堪能すべきです。
 ああ、木乃香と刹那に似た、帆乃香と勇魚が出てきたら、さらに九郎丸は焦るかもね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1274-6a3abedd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR