Entries

UQホルダー第8巻 刀太とキティの触れ合いがメインだね

 

 UQホルダー……。最初は大丈夫かと思った。
 だってネギまのような派手さがないからです。ネギの魔法バレや、誰と仮契約するのか楽しみだった。
 もっともUQもネギまキャラが出てきて、面白くなってきた。
 ネギまファンとしては嬉しくなりましたね。もちろんUQの世界観も面白いよ。

 8巻はダーナの登場と修業がメインです。
 ダーナは赤松作品では珍しい豪快なおばさんですね。ネギまではクママという亜人がいましたが、重さが違う。
 狭間の魔女らしく、どこの時間にも、存在し、何でも知っている。
 刀太は謎空間の城へ連れてこられたのだ。
 
 そのためか、吸血鬼になりたてのエヴァンジェリンと出会うことができたのである。
 作中ではキティと呼ぶとしよう。キティは最初刀太に警戒心を抱いていた。
 だってそうでしょう。無理やりダーナに連れてこられたのだ。刀太もその仲間と勘違いしている。
 まあ、誤解は解けたけどね。

 その後、いろいろ刀太の悩みを訊いたりするなど交流を深めていった。
 だがその城は普通じゃない。刀太と出会うたびに時間の感覚が開いていく。
 刀太にとって一日ぶりでも、キティにとっては何年ぶりになっていったのだ。

 このころはまだ人間に近く、心がもろい。そこを刀太が救う展開になると思うな。
 ネギは理屈っぽいが、刀太はストレートな物言いで救うかもしれない。
 なんとなく男版の明日菜な気がしてきた。もっとも明日菜は器用じゃないけどね。
 
 あとキティを吸血鬼にしたのは造物主であったこと。
 刀太の身体には闇の魔法とマジックキャンセラーの力が混ざっていることが明かされた。
 ネギまでは見られないキティを堪能できますね。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1245-18852796

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR