Entries

ヒトミ先生の保健室 四巻 ヒトミ先生の出番が少ないね



『コミックリュウ』連載、『ヒトミ先生の保健室』の四巻です。

 表紙はヒトミ先生と妹の三美です。
 三美は三重人格者であり、一つ目は天眼で傍若無人なのですね。
 二つ目が主人格の三美で、スポーツ万能、成績優秀の完璧超人です。
 そして三つ目がみぃで、年相応に無邪気で甘えん坊な性格なんですよ。

 共通することは全人格はヒトミ先生というか、お姉ちゃんが大好きなのです。
 四巻は三美がいかにヒトミ先生が大好きかを表現していますね。
 まあ二話ほどしかないですが。

 本人は優秀ですが、姉が大好きなのがわかりますね。
 特にみぃはヒトミ先生のおっぱいが大好きで、よく揉んでいます。
 天眼は幼馴染の多々良拳四郎に対し、やたらと攻撃的です。
 もっとも多々良は貧乳好きでも、三美は好きではありません。

 ヒトミ先生が学校新聞の取材を受ける話と、その裏を取る話。
 過去に出た生徒たちの後日談や、新キャラの生徒の話があります。
 一発キャラではなく、きちんと出るのも好感ですね。

 ヒトミ先生自体は取材を受けるとき以外まったく目立ちませんでした。
 もっとも悩む生徒がヒトミ先生に相談するパターンなので、目立たなくてもいいのですが。
 
 ちなみにこの世界では、ケンタウロスや天使、ゾンビは架空の存在です。
 新キャラの間尻はケンタウロスに変身しようとしても、件のように人面馬にしかならなかった。
 大体中学生になる頃には身体が変化するようになるのです。
 そして三年生になれば安定するようになりますね。さすがにヒトミ先生のような単眼は変化なしですが。

 そしてヒトミ先生の母親が消えた理由がわかりました。
 文字通り消滅したのです。多々良の前でエプロンだけ残して。
 それは多々良だけの秘密なのです。それを語る日は来るのだろうか。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1239-3435ce77

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR