Entries

モン娘アニメ第七話感想 ラク姉さんとMONが登場しました

 

 今回OPとEDが入れ替わっていました。
 MONのメンバーが初登場したからです。

 MONは多種族の犯罪に対処するために集められました。
 リーダーは墨須です。

 マナコ:単眼族。狙撃手。お尻がかわいい。
 ティオニシア:オーガ。鎧を身に着けているので体型がわかりずらい。
 ゾンビーナ:リビングデッド。美尻です。
 ドッペル:ドッペルゲンガー。常に裸で髪の毛が服に変る。服を着ろ。

 なんか尻がメインぽく書いているけど、実際尻に目が行きました。
 ドッペルは基本全裸で尻丸出しですが、どうもエロを感じません。
 この手の特殊部隊はぴっちりスーツを着ることが多いですね。
 尻は最高です。

 さらに最高なのがラクネラです。彼女はアラクネで下半身は蜘蛛ですが、尻が素晴らしいのです。
 尻は人間の基礎です。尻が悪ければ、身体の均衡がとりずらいのですね。
 だからこそアラクネは八本足でも自由に歩けるのだ。

 しかし私はラクネラの人間の部分に欲情している。ラクネラはそんな人間が嫌いなのだ。
 元はきちんとしたホストファミリーと暮らしていたけど、そりが合わず、前回の監督に権利を売られたのです。
 原作だと悪い人たちではないのだが、面倒くさいマゾだそうな。
 監督を縛って逃亡した後、公人に興味を抱いたのです。

 なにしろ三百万の価値があるハーピーの卵を割ったからだ。
 捕まる前に公人を捕え、偽善者の皮を剥がそうと目論んだのである。
 だがそれは無駄でした。公人にとってアラクネはまだ見たことがない多種族に過ぎなかったのです。
 公人の心に触れたラクネラは公人の家にステイすることを希望したのでした。

 公人の両親は多種族に関する仕事をしているのではないかと思います。
 だって公人は多種族に関して理解を示しているからです。
 これは両親が幼い頃から子供にそうやって躾けているからではないでしょうか。
 それとは別に他者に対して気遣いをするように教えられたかもしれません。

 でもラクネラに魅入られたのは足なんだけどね。
 MONのメンバーはドッペル以外は気に入られます。

 あとおまけのエンドカードはモノアイが紹介されました。
 仏門に下った一つ目入道。
 鍛冶が得意なサイクロプス。
 そして催眠術が得意なバックベアード。このロリコンどもめ!!
 ロリコンネタは所謂オタクネタなので、水木しげる先生は関係ない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1221-b653f7a1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR