Entries

ファミコン たけしの挑戦状

 一九八六年にタイトー(現・スクウェア・エニックス)から発売されました。

 当時ビートたけしはお茶の間の有名人でした。今もそうだけどね。
 世界まるごとHOWマッチでは回答者として、そして風雲たけし城などに出ていました。
 ひょうきん族は見てなかったけど、たけちゃんマンは知ってます。
 そのたけしがゲームに関わる!? いったいどうなるんだろうか!?
 とワクワクしていました。

 ストーリーはあるサラリーマンが会社を辞め、妻と離婚する。
 そして南の島に宝探しに行くのである。

 でも当時小学生だった私にはまったくクリアなどできるわけがなかったのだ。
 コロコロコミックでは攻略を書いてましたが、それでもちんぷんかんぷんだったね。
 なんとなくだが当時パソコンに出ていたゲームに近い感じがする。
 実際プレイしたことはないんだけどな。攻略サイトを見ると理不尽な謎解きなどが共通しているし。

 コロコロではファミコンロッキーが題材にしていました。
 もちろんロッキーならではのウソテクもありましたね。
 宝の地図をくれる老人がいるのですが、こいつを殺さないと最後に宝を横取りされるのです。
 ある意味、物語の結末を自分の意志で変えられますね。
 北野武監督の映画にありそうな結末にもなる。

 時代が生んだヒーロー、ビートたけしのアイディアが詰まったゲーム。
 WIIのバーチャルコンソールでダウンロードできます。
 3DSにはないので気を付けてください。

 この作品は八十万本売れたそうだ。ドラゴンクエストと同じくらいだそうです。
 当時はソフト数が少ないから、売れたのかもしれない。
 あとはビートたけしに魅了されたファンが買った可能性もあるだろうな。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1189-7c674864

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR