Entries

ファミコン ボンバーマン

 一九八五年に今は亡きハドソンから発売されました。

 当時ロードランナーの敵だったロボットが主役でした。
 主人公は壁に囲まれ、爆弾を使用しながら進みます。
 爆風に巻かれたら死ぬので気を付けましょう。

 ボンバーマンでエロい話を書きたいと思います。

 ボンバーマンは見た目はロボットですが、実は精神は女性なのです。
 だって爆弾を生み出すのですよ。その爆弾は女性が赤ん坊を生むのと似ています。
 四方に囲まれる壁は母親のおなかの中なのだ。
 その壁を壊すのは、自身の分身なのです。

 爆弾の爆風で死ぬのは、母親であるイザナミを焼き殺して生まれたヒノカグツチと一緒です。
 爆風は母を求める赤子の手です。爆発音は赤子の鳴き声なのですよ。
 それでも子は母親に触れることは出来ない。なぜなら触れた瞬間死んでしまうからだ。
 なんと因果応報なゲームだろうか。

  ……どこがエロい話なんだよ!! と突っ込まれそうですね。
 ボンバーマンは友達の家でプレイしました。とても面白かったです。
 当時コロコロコミックのファミコンロッキーで爆風に巻き込まれても死なない裏技がありました。
 ウソテクばかりの作品では珍しく本当にある裏技です。
 でも無敵アイテムを取るのはうそでした。だってアイテムは爆風で消滅するからだ。

 隠れキャラで中村プログラマーが出てました。
 こういう遊び心がある時代は本当に幸せだったです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1174-bca16085

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR