Entries

ファミコン 忍者じゃじゃ丸くん

 一九八五年に今は亡きジャレコから発売されました。

 見た目は忍者くんに似ていますが、弟という設定でした。
 ちなみに忍者くんを開発したUPLは関わっていません。
 つまり、じゃじゃ丸は忍者くんのパクリなのです。

 ですが当時小学生であった私に理解できるはずがなかった。
 単純に楽しんでいましたね。
 大人になると複雑な気持ちになります。別に知りたくなかったと。
 だがどんな情報も受け入れられなければならないのも、大人です。

 じゃじゃ丸くんの目的はナマズ太夫に攫われたサクラ姫を救うことです。
 この手のゲームはなんでお姫様に指を触れないのか不思議でした。
 ナムコはアーケードで、フェリオスやローリングサンダーでヒロインがエロい目に遭います。
 ローリングサンダーはファミコンにも移植され、デモも再現されていました。

 サクラ姫は時々花びらを落とします。これを三枚集めるとボーナスステージに突入するのです。
 ですがこの花びらはサクラ姫の純潔だったのだ。
 見た目は二人一緒に立っているように見えるが、ナマズ太夫がサクラ姫のお尻を撫でまわしたりしていたのである。
 その度にサクラ姫は涙の代わりに花びらを落とすのです。

 その行為をじゃじゃ丸は見抜いていた。だからこそボーナスステージでナマズ太夫の股間に手裏剣を投げるのです。
 てめぇの股間なんぞ手裏剣で切り裂いてやるぜ!! と言わんばかりの執念を感じました。
 股間を撃ち抜かれたナマズ太夫は落下し、サクラ姫も落ちてきます。
 サクラ姫は救われ、ナマズ太夫は地獄へ堕ちる。なんとも皮肉な光景だと思いました。

 それにナマズ太夫の配下たちもサクラ姫にいたずらをしていたのでしょう。
 おゆきはつららでサクラ姫を差したりしたのだろう。
 クロベエはくちばしでサクラ姫のサクランボをつまんだかもしれない。
 カラカッサは足でサクラ姫を突き刺し、回転した可能性もある。
 ヘドボンは自分の骨でいろいろしていたかもしれない。
 ピン坊はじっくり視姦をしていただろう。それも普通ではない状況を作り上げた可能性もある。
 カクタンはサクラ姫を囲い、わいせつな言葉を投げかけ、ひどいことをさせたりしただろう。

 …とまあ、強引にエロい話に持っていきました。
 他のブログだとじゃじゃ丸の面白さを書いています。
 なら私は強引にエロい話をして差別化しようとしたわけです。ちなみに表現はゆるやかにしている。

 ゲームとしては面白かった。忍者くんみたいに敵を踏んで気絶させたりできます。
 アイテムを集めてガマパックンの術で敵を食べたりしました。
 演出が派手になり、見た目もよくなったと思います。

 このゲームは友達の家でプレイしました。
 現在じゃじゃ丸の版権はハムスターにあります。
 バーチャルコンソールでもダウンロードできるので、ぜひ遊んでみてください。
 とまあ、エロ話をする私が言っても説得力はないと思うけどね。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1168-b9a42ac4

トラックバック

コメント

[C135]

こんにちはー!

じゃじゃまる君じゃない方の
忍者くんがPSNで配信されはじめたんですよね~。
それで欲しいかな、と思ってるところに、この記事。
なんというか奇縁ですな・・・(笑

しかし、それにしても想像力が豊かですな!
  • 2015-06-14 09:48
  • リードマン
  • URL
  • 編集

[C136] いらっしゃいませ

リードマン様いらっしゃいませ。
PSNのアーケードアーカイブスの忍者くん阿修羅の章ですね。これはゲーセンでプレイしたことがあります。

想像力というか、妄想と言いますが、狂人と紙一重な感じですかね。正直読む人を選びますが、攻略記事は別の人が書いてますので、私は別の方向でやりました。では。
  • 2015-06-14 16:27
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR