Entries

SWIFT! という漫画

『SWIFT!』とは月刊コミックリュウに連載されている松田未来先生の漫画です。

 一言で言えば飛行機の漫画です。
 作者の飛行機愛がひしひし伝わってくる作品です。
 主人公の日本人ツグオは飛行機に関しては無知なのだ。
 なので登場人物が親切に飛行機を解説してくれるのでわかりやすい。

 あらすじは、半年前から低空飛行する飛行機の夢を見るツグオ。
 なんで半年前からなのか不明だが、実はツグオの祖父ジュード・スウィフトが死んだ時期でもあったのだ。
 ところがツグオはジュードのことを知らない。どうやら父方の祖父らしいがまったく覚えていなかった。
 ジュードは死ぬ前に手紙を残した。自分が作ったチームをツグオに継がせるためである。

 だがパイロットの女性アシュレイ・ウィングフィールドは納得できなかった。ツグオが初対面だからではない。
 ツグオが自分を忘れていたのが許せなかったのである。
 のちにツグオはレイの愛称を思い出したので、わだかまりは少しだけ溶けた。
 ただ恋愛感情はなさそうだ。レイはあくまでジュードに思い入れがある。歳は離れているが彼の夢を叶えたいのだ。

 アメリカのネバダ州にあるリノ市。そこでリノレースが行われている。
 超マイナーだが世界最速の草レースだそうだ。
 コミックリュウはモンスター娘のいる日常や、セントールの悩みなど人外物が多い。
 だがこの作品のようにジャンルにはこだわっていないのだ。
 
 レースの他にも山火事のために使う飛行機が紹介されています。
 アメリカだと規模が大きいようです。焼失面積は東京ドーム約二十二万個分だそうな。
 だからこそ飛行機が必要になるのですよ。
 ちなみにレイはレース資金を稼ぐために、山火事作業に参加しております。

 あと北極圏に不時着したB-29の回収をする話があります。
 アメリカにとって飛行機は日常で活躍するのものです。
 古い飛行機もメンテナンスすれば飛べる。
 もちろん放置すれば錆びて壊れる。人の手によって生かされるのですね。

 正直私は飛行機に興味がない。興味はないがこの作品は惹かれますね。
 やはり作者が読者にわかりやすく飛行機を解説してくれるのがいいです。
 自己満足で開設するのではなく、会話の中に自然と入れるのですよ。
 飛行機の話だけではなく、ドラマもきちんと書くのが良い。

 日本人にとって飛行機は移動手段として見てない気がします。
 好きな人でないとちんぷんかんぷんになりかねないですからね。
 それをわかりやすく描く作者の技量は目を見張ります。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1157-a7c4a71f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR