Entries

6月の新作はハーレムシリーズじゃないのです

 6月の竹内けん先生の新作はハーレムシリーズではないです。

 密林では強くてニューゲームです。まだ仮なので変更されるでしょう。

 あらすじは目覚めたらクリアした時のゲームレベルではじまりの場所に戻っていた! 無敵状態となり再出発した彼にヒロインたちはメロメロ!? だそうです。
強くてニューゲーム(仮) (二次元ドリーム文庫)強くてニューゲーム(仮) (二次元ドリーム文庫)
(2015/06/12)
竹内 けん

商品詳細を見る


 あらすじを読む限り、ハーレムシリーズではないのはわかりますね。
 ハーレムシリーズにゲームとかレベルとか合わないからだ。
 いったいどういう内容になるのでしょうか。
 少なくとも現代に近い世界観でしょう。ゲームがあるんだから。
 ゲームとはいえRPG風になるでしょう。舞台がハーレムシリーズじゃないだけで、いつもの竹内節がさく裂するかも。

 問題はハーレムシリーズとは違う作品になったことです。
 これはもう編集部がハーレムシリーズとは違う作風を望んでいるのではないでしょうか。
 現シリーズが好調なら、6月はハーレムシリーズが発売されたはずです。
 もうシリーズはそれほど売れなくなったのではなかろうか。だから編集部は方向転換をした気がする。

 ただしこれはあくまで試験的な意味だと思います。
 竹内けんの作品に見切りをつけたのなら、6月に新作は出さない。そのまま切ればいいからです。
 おそらく6月の新作は試金石だと思う。これが売れれば徐々にハーレムシリーズを切り捨てるかもしれない。

 なんとなくですがハーレムシリーズはうやむやのままで終わらせるかもしれません。
 その理由はハーレムシリーズで別の作品の主人公が殺されていないからです。
 そりゃあコロシアムのクレイモアはサーヴァントで死んでいます。でもそれは例外です。
 歴史の古い作品だとテンペストたマスカレードがあり、クイーンの時代だと死んでると思う。
 他の作品のキャラが出てもあくまでゲストでしかない。サブキャラは殺しているけどね。

 もし他の作品の主人公が殺されたらどうなるか? たぶん読者はそっぽを向くでしょう。
 自分の好きな主人公が別の作品の主人公に殺される。まるでその作品の主人公を引き立たせているみたいだ。
 ハーレムシリーズはすべて読んでいるが、そのような描写はない。
 おそらくロレントやセリューン、フィリックスやバージゼルは殺されることはないだろう。
 そして後の歴史はファンに任せて完結させるかもしれません。

 あくまで私の個人的な考察です。ハーレムシリーズは続くかもしれませんからね。
 すべては六月の新作の売れ行きでしょう。そして8月に新作が出るかが焦点になります。
 まあ外れても問題はないです。あくまで妄想しているだけだから。
 
 ハーレムシリーズはキャッスル1からパンデモニウムで50冊目になった。
 黄金竜を従えた王国上下、女王汚辱、ふたりの剣舞を加えると54冊目になっている。
 竹内先生は当初このシリーズはどこから読んでも問題ない作りにしていたのだ。
 だが50冊にもなるとは思わなかったのだろう。もう一つのシリーズとして見ています。

 ジェネシスを最後に歴史が全く動かなくなった。クイーンのときに少し動いただけだ。
 もう竹内先生や編集部も持て余している感じがします。
 いったい何をしたいのか、どう執着するべきか迷っているのかもしれない。
 終わるとしたらハーレムディクライン(衰退。ドモスが滅ぶ)
 もしくはハーレムサクセサー(後継者。乱世が終わり、新しい王が登場する)がいいかもね。

 そうそうハーレムキャッスルは二〇〇五年五月に発売されました。
 これでキャッスル十周年企画は幻と消えた気がする。
 でもまだあきらめきれない私がいる。なんとももやもやした気分で気持ち悪い。
 正直言えばフィリックスたちがハーレムを楽しむ世界を読みたいんですよね。
 昔と比べるとキャッスルを望む声が小さくなったのかもしれない。転機の時期が来たのかもしれません。

 それでもキャッスルの続編は読みたい。でも続編は難しいと理解している。
 キャラが多すぎだからね。けどなんとか頑張ってもらいたいと思ってます。
 できるならドモスと二重王国が滅び、イシュタールが徳川幕府みたいになればいい。
 そして最後はフィリックスの息子が乱世を終わらせ、神聖帝国を作っておしまいになる。
 さすがにそれはないな。あくまで願望なので気にしないでください。
ハーレムキャッスル (二次元ドリーム文庫)ハーレムキャッスル (二次元ドリーム文庫)
(2013/12/19)
竹内けん

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1151-46b99fe1

トラックバック

コメント

[C131] まあ歴史を書いてるけど大河じゃなかったですし

どうもです

これからどうなるか
まあ人気衰退なら編集部からのフォローも無いでしょうね
それとも期間をおいて2冊に一回とか続くか…
キャッスル人気の時に刊行スタイルを変えるべきといってました
盛り上がりやクライマックスがなければ単調になりますしね
50冊も出たのはスゴいと思いますけど
畑は違いますがSFのローダンシリーズは複数の作家が書いてるから続いているのかも
読んだことはないですが(苦笑)

これでキャッスルもまず無いですし、気分的には終わるのか…って感じです

…法則かなぁ…
  • 2015-05-07 14:23
  • ご神体
  • URL
  • 編集

[C132] すべては新作が発売されたらですね

 いらっしゃいませご神体様。

 人気はあるけどハーレムシリーズでは厳しくなったのではないでしょうか。人気がなければ新作は出ないですから。
 正直、盛り上がりやクライマックスがないから単調なんですよね。レジスタンス1以降、未来を予測する文章が無くなった気がします。私が見落としているだけであるかもしれないけど。
 
 ハーレムシリーズがどうなるかは、6月の新作が出てからでしょう。では。
  • 2015-05-07 16:14
  • 江保場狂壱
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR