Entries

セキレイ 十七巻感想

『ヤングガンガン』連載、『セキレイ』第十七巻です。
 ちなみに限定版は手に入らなかったので通常版です。
 表紙は結と月海、草野が一緒で、限定版だと結と松、風花、焔になっています。

 鶺鴒計画はいよいよ最終段階。神座島を舞台に最後の戦いが始まります。
 ところが島に異常事態が発生。理由は島の地下にある船が故障したのです。
 南の葦牙御子上隼人のセキレイ、陸奥の技のせいでした。
 そのため島を守る光の壁が消え、神座島侵攻が始まってしまったのです。

 第十七巻は目まぐるしく舞台が変わります。
 MBI本社が襲撃されるも主人公皆人の妹ユカリとそのセキレイ椎菜が助けに来ました。
 おまけで帝都を脱出した久能に、ドラマCDのキャラ習志野が出演しましたね。
 すごく強いわけではないが、普通の人間だと驚異的です。
 
 松は敵を一掃するため、祝詞を使い、嵩天を操作しようとします。
 一応松は№02で、№01美哉にいちばん近いセキレイです。
 松は嵩天を操り敵のヘリを減らすことに成功しました。
 もっとも主導権はすぐ美哉に取り戻されます。これは帰ったら松はオシオキ決定ですね(笑)

 皆人は草野に祝詞を使い、機能停止したセキレイを復活させます。
 特に南のセキレイは陸奥と日姫子以外機能停止したから、大きいですね。
 真田西の凶暴なセキレイ三羽も復活したから厄介です。
 敵側とはいえセキレイたちの復活は嬉しかったですね。

 そしてメインイベントは結と鴉羽の戦いです。
 鴉羽は結を見ていない。彼女の中に有る結女しか見ていないのです。
 だが結から結女はもういない。完全にひとつになったと言います。
 鴉羽は子供のように癇癪を起した。葦牙の夏郎の言葉など耳に入らず、光の羽もむしる。
 結は鴉羽の想いを受け止め、全力でぶつかった。そして勝利したのである。

 連載当時はあっさりしてる感じでしたが、まとめて読むとそんなに悪くなかった。
 結が強くなった理由は皆人の葦牙の力のおかげと、説明もあったから、決して投げやりではなかったです。
 この戦いは鴉羽がメインでした。過去の結女の話などいろいろありましたね。
 あと出会った頃の結女は結と同じ巫女服でした。彼女はつがいのセキレイで葦牙は不要だったのです。
 鴉羽も孤独だったが、結女も別の意味で孤独だった。だから鴉羽も彼女に惹かれたのでしょう。
 
 そして今まで祝詞がなかったセキレイたちが一斉に祝詞を唱えました。
 最後は葦牙たちが機能停止して終わります。
 次巻で完結するそうだ。十年以上続いたセキレイも終わりが近い。果たしてどんな最後になるのだろうか。
セキレイ(17) 初回限定特装版スクールカレンダー付き(雑誌扱いコミックス) (ヤングガンガンコミックス)セキレイ(17) 初回限定特装版スクールカレンダー付き(雑誌扱いコミックス) (ヤングガンガンコミックス)
(2015/03/25)
極楽院櫻子

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1133-e8e4141b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR