Entries

UQホルダー第六七話 刀太は自分を見直す旅に出ました

『週刊少年マガジン』連載、赤松健先生の作品です。

 前回、刀太は雪姫に一年間アジトを出るなと命じられた。
 雪姫にはっきりとお前は不要と言われ、それをずっと引きずっている。
 それを振り切るために刀太は家出を決意したのだった。

 今まで刀太は悩みがなく勢いだけできたから逆に新鮮ですね。
 刀太の実力は高いと思いますが、本人はそう思っていない。
 習えばあっという間にコツをつかむが、極めたわけではないので中途半端だ。
 
 雪姫はそのことに気付いている。刀太は器用貧乏なのだ。
 まだ自分を模索している最中なのだろう。それなのに造物主と戦うのは危険だろうな。
 ネギはラカンと戦うとき、力を付けるより、新しい魔法を作った。
 ネギは頭脳で自分を武器を作ったのだ。刀太はまだそれがない。

 刀太は雪姫は自分がネギの孫だから拾ったのかと悩んでいる。
 この世代はきちんと言葉にしないと伝わらないものだ。だが言葉だけで納得できるとは限らない。
 雪姫は実践派だ。机上の空論より、実践ことがすべてなのだ。
 だからこそ微妙にすれ違うから困ったものである。

 ちなみに刀太は家出したが、夏凛たちにお咎めはあるだろうか。
 夏凛のことだから強引に逃げられたと嘘をつきそうだな。
 であっさりばれてオシオキされる。寧ろ夏凛にとってご褒美ですね。
 
 あと重力剣が自己意識を持っていることが判明した。
 3ーA関係者を救うことが使命らしい。刀太はネギの孫だからセーフか。
 これで寂しい夜も安心である。でも毒舌っぽいから逆に落ち込むかもね。

 最後はアフロのおっさんが登場だ。
 なんかトラブルに巻き込まれているようだが、刀太とどう絡むだろうか。
 ここに来て面白い展開が続きます。嬉しいですね。
 まほら武道会に参加すると思ったら、雪姫に参加禁止を喰らったから展開が読めない。
 赤松先生はまだまだ進化していくようで楽しいな。
UQ HOLDER!(5) (講談社コミックス)UQ HOLDER!(5) (講談社コミックス)
(2014/12/17)
赤松 健

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1099-92cd4f42

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR