Entries

UQホルダー 第5巻感想

『週刊少年マガジン』連載、赤松健先生の作品です。
 なんだかんだでもう5巻です。月日が経つのは早いですね。

 フェイトの戦いも一区切りがついた。
 刀太は雪姫から学園都市で潜入捜査を命じられる。不可思議な猟奇事件が起きたからだ。
 九郎丸、夏凛、一空の4人で捜査に乗り出す刀太たち。
 そこで謎のひきこもり少年佐々木三太と出会うのだが……。

 第5巻は三太がメインですね。彼は幽鬼(レブナント)である。
 学生寮の開かずの間に一人で暮らしており、生活費はネトゲのRMTで稼いでいた。
 そこに刀太と九郎丸がやってきて、三太の生活は乱されることになったのだ。
 
 私も自分の生活を乱されると腹が立ちますね。それも土足で踏みにじられると一層腹が立ちます。
 私はネットはやってもネトゲはしてません。だからRMTはできないし、怖くて無理だ。
 そもそも暇つぶしならともかく、一日中ネットをやるのは無理です。
 三太は幽鬼だからこそ、何年もネトゲができるんだろうな。
 生活費が稼げても人との交流を断つのは厳しいですね。

 三太はいじめを苦に自殺し、小夜子によって幽鬼に変えられたのだ。
 それによって力を得た三太はホームレス狩りをしたチンピラたちをこらしめる。
 でもやっていることはチンピラと変わらない。正義を盾にして弱い者いじめをしているだけです。
 
 私も力を手に入れたら悪用するかもしれない。
 私はリアルで嫌いな人がいる。法律に引っかからずに相手を痛めつけられるならやるだろう。
 まあ想像するだけならタダですからね。想像しただけで楽しいから、実際はやらないです。
 世の中やられたらやりかえされる。一見悪人が高笑いしているように見えるが、その報いは確実に返ってます。
 
 もっとも三太には陰惨な雰囲気がない。ボッチだがそれほどの恨みを感じられないのです。
 これは力を持っている自信からくるのだろう。実際刀太たちとの戦いは三太の圧勝でした。
 九郎丸が正体に気付いたため、対処されましたけどね。
 そのせいで小夜子の怒りを買い、最大の危機を迎えるわけだが、それは次巻に続く。

 正直、学園が舞台なのにちっとも盛り上がってないと思っていました。
 三太と小夜子の関係で盛り上がっていきましたね。
 まあせっかくの麻帆良學園(現在はアマノミハシラ学園都市)なのにネギま関係のキャラが出ないのは残念ですが。
 
UQ HOLDER!(5) (講談社コミックス)UQ HOLDER!(5) (講談社コミックス)
(2014/12/17)
赤松 健

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1074-d15f0bd0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR