Entries

源君物語 並びの巻 感想

 週刊ヤングジャンプ連載、源君物語が小説になりました!!
 原作者である稲葉みのり先生の描き下ろしイラストが満載です!!
 小説は田中創先生ですが、良く知りません。
 ニセコイなどのノベライズに関係しているようです。

 この作品は源君物語に登場したヒロインたちをメインとした構成です。
 話の主体となった藤原香子を始めとしたヒロインたちのアナザーストーリーが描かれています。
 本編では一度関わったヒロインは滅多に出ないのでファンとしてはうれしいですね。

 印象に残ったのは六条美也の話です。本編では第五巻まで登場しなかった彼女の裏側に迫ります。
 これは原作を読んでいればわかりますが、源君の裏側でストーカー行為をしていた美也の心情が明かされました。
 第六巻でも香子が研究をしなければ、源君を拉致監禁しかねない狂気が表現できてましたね。

 私も小学生の頃、上級生の女子の後ろについていきました。
 自宅へ帰ったらそれでおしまいです。ただそれだけ。
 小学生の他愛ない遊びでしたが、今はどうなるのでしょうか。
 不健康な遊びだから注意されるかもしれません。

 そんな美也を香子はうまくコントロールしていましたね。
 美也の源君に対する愛情を察知し、甥を助けるために初期から一四股計画を吐露したのだろう。
 香子に翻弄される美也も可愛かったです。
 もっとも香子からしてみたら美也は操りやすいのかもしれません。

 他にも香子が風邪で寝込んだり、朝日が友達と一緒に派手な下着を買いに行ったり、
 源君が葵と遊園地に行ったり、花田さんがお姉さんと一緒に旅館に泊まったりしてました。
 私の印象が強かったのは美也でしたが、他のヒロインの話も面白かったですよ。

 ファンの人はアナザーストーリーにほっこりして、
 ヒロインをよく知らない人は、新たに好きになるかもしれません。
 原作はエッチだけど、小説版は性描写はないですよ。
 もっともエロい部分は多いから、そこは安心して楽しめます。期待していいです。
源君物語 並びの巻 (JUMP j BOOKS)源君物語 並びの巻 (JUMP j BOOKS)
(2014/10/17)
稲葉 みのり、田中 創 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1047-46113cdf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR