Entries

UQホルダー 第52話 ヒギャアァァァァ!! 学園がバイオハザードォォォ!?

 前回佐々木三太の正体が幽鬼であることを知った近衛刀太。
 八年前に三太は死亡したと聞かされたが、三太を犯人と思わない。
 八十年前からアマノミハシラ学園都市では断続的に事件が起きているからだ。
 少なくとも三太は一連の犯人ではないと思っているようだ。

 今回の話は今までの赤松作品と大きく逸脱していると思った。

 小夜子はネクロマンシーの力を発揮し、学園中がゾンビであふれかえった。
 ゾンビが人を噛み、さらにゾンビが増えて被害が広がっていく。
 ここまでえぐいのは初めてだ。元麻帆良であったアマノミハシラ学園都市がバイオハザードになったよ。

 ネギまの時は騒ぎが起きても、どたばた劇な印象があり深刻に見えなかった。
 魔法世界編ではサブキャラが次々と消されたことにショックを受けたよ。
 それでも元に戻せる見込みがあったから気持ちは楽だった。
 
 もっともキリヱが来ているからなかったことにはできる。
 キリエはセーブポイントを設置し、自身が死ねば記憶がセーブポイントに戻され、引き継がれるのだ。
 この手はズルいと思うが、UQとしては被害が広がることをよしとしないだろう。
 記憶が過去に戻ってもどうやって小夜子を止めるかが問題ですけどね。

 UQはラブひなやネギまのように主人公が無条件で好かれる世界ではないんだなと感じた。
 いや九郎丸やフェイトに好かれているか。女性陣はほぼドサドなので恋愛対象ですらない。
 力の手の灰斗や南雲にも好かれていたっけ。UQは男にもてる作品なんだ!! ←決めつけんな。
 
 さて今回の小夜子と、夏凛を襲った小夜子はやはり別だと思う。
 便宜上夏凛を襲った小夜子は小夜子一号で、今回の小夜子を二号とする。

 二号は自分たちを忘れた世界に復讐すると言っていた。そしてネクロマンシーの力でゾンビを復活させる。
 そして無差別に人々を襲い始めたのだ。
 一号は夏凛に対して殺す相手は選んでいると言っている。言動はかなり怪しかったが。

 単純に小夜子は複数いるといったところだ。
 まあ予想が外れても問題はない。あくまで自説だし、外れてもそれだけのことだ。
UQ HOLDER!(4) (講談社コミックス)UQ HOLDER!(4) (講談社コミックス)
(2014/09/17)
赤松 健

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/1032-352d42cf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR