Entries

新幹線大爆破 ネタバレ注意

1975年に東映で公開された佐藤純弥監督作です。

高倉健が山本圭と織田あきらと手を組み、ひかり109号に爆弾を仕掛け、金をせびる計画を立てました。もっとも爆弾を作った郷金英冶は警察にぱくられ、新幹線に乗る羽目になった。
新幹線が80キロ以下になると爆発するとんでもない爆弾であった。当時の新幹線に使用された最新技術が裏目になる、練りこまれた計画であった。

それに対抗するのは宇津井健。丹波哲郎率いる警察は失策続きだ。

警察のやることといったら犯人確保のためになりふり構わず追まわし、その結果現金を手に入れる役立った織田アキラをひき殺してしまう。
次に山本圭を捕まえようとするが逃げられる。さらに現金を手に入れた健さんは爆弾の設置場所を記した図面を喫茶店に残すが、そこが突如火事で図面が燃えてしまう。まあ、こちらは警察の不備と言うより不慮の事故だが。しかし、ここまで失策が続くと警察が呪われているのではないかと疑ってる。

宇津井健のほうは苦労しぱなっしだ。運転手の千葉真一に命じて、前の駅に故障車があるので登りの線を利用しろとむちゃなことを言い続ける。
車内では新幹線の異常にパニックを起きはじめる。
妊婦の田坂都は産気づき、女医の藤田弓子が診察するが、診察の甲斐なく胎児は死亡。
あるものは目的の駅に降りれず、重要な取引がパーになって気が狂う始末だ。
健さんとしては誰も傷つかないやり方を目指したようだが、知らないうちに他人の人生が狂わされている。
3億円事件と一緒だ。犯人と間違えられたせいで人生をめちゃくちゃにされた人がいる。会社自体は損害がなくとも、個人が傷つくことがあるのだ。

山本は旗を括ろうとする健さんに檄を飛ばし、自分は警察に捕まりそうになったらダイナマイトで自決する。なんかありえない世界が続いている。

宇津井は広島で爆弾の場所を発見する。そのためには酸素ボンベと溶接機を渡すため、別の新幹線と並行して渡します。その運転手は千葉治郎。千葉ちゃんの弟です。そしてなんだかんだで爆弾を解除したのだ。
もっとも写真には別に又爆弾があるのでは?と疑問視するが、宇津井は苦渋の決断で停車を命じる。結局爆弾はなかった。
テレビでは事件解決のニュースが流れず、命を預かる仕事に疲れ、辞職してしまう。

健さんは海外へ逃亡しようとするが、そこには奥さんの宇津宮雅代と子供が刑事と一緒にいた。子供は必死になってかばうが、警察に見つかった健さんは逃げる。
逃げ続けた後飛行機は飛びたってしまう。丹波さんは逃げると撃つぞと警告した後、健さんは逃げてしまい射殺された。

パニックムービーとしてはいろいろメリハリをつけた作品だと思う。新幹線、犯人、警察とめまぐるしく展開していく。
配役は運転手役の千葉ちゃんはアクションこそはないが、どすのきいた演技はあいかわらずです。
あとカメオ出演している人は志穂美悦子、北大路欣也、多岐川裕美などがいます。
この映画国鉄の協力は得られなかったそうです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kouhoba.blog.fc2.com/tb.php/103-29c08f82

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR