Entries

PSP イース フェルガナの誓い

 2010年に日本ファルコムから発売されました。元は2005年にWindowsの移植です。 フェルガナの誓いは1989年に発売されたワンダラーズ・フロム・イースのアレンジです。 イースⅢなのですが、イースと関係ないので上記の題名だったのです。 ワンダラーズ・フロム・イースに物足りなさを感じた人はプレイすべきです。  ジャンルはアクションRPGです。剣を振るい、ジャンプします。 攻撃方法も上突きや下突きなどがあります。 ...

蓼喰ふ虫 感想

  1929年に発行された谷崎潤一郎先生の作品です。 とある夫婦は冷え切っていた。小学生の息子がいるので表向きは仲睦まじく演じている。 息子がいるため別れるきっかけがまったくつかめず、ぐだぐだな日々を続けていた。 妻の父親は愛人を囲んでいるなどいろいろだ。 さらに夫にはなじみの外人娼婦がおり、金をせびられる始末である。 もうなにをしていいのかわからない始末であった。 なんというかダラダラ感のひどい作品...

ネギまの登場人物 出席番号十九番超鈴音

  超鈴音は天才である。しかし扱いにくいのか麻帆良祭まで出番がなかった。教室などで肉まんを売る生徒でしかなかった。 彼女の天才はネギの悩みを解決するためではない。麻帆良祭を利用し、大掛かりな魔法を発動させるためであった。 彼女は葉加瀬聡美とともに絡繰茶々丸を製造するなど、明らかに超越した科学技術を持っている。 自称未来人であり、火星人と名乗っている。さらにネギの子孫を名乗る。 実際は魔法世界は火星...

イース誕生30周年記念

  1987年、パソコンでイースが発売された。イースは家庭用だとファミコンにセガマーク3、PCエンジンと幅広く移植されました。 実のところ私はオリジナルをプレイしたことはありません。 でも双葉文庫のファミコン冒険ゲームブックで知ってました。 中学時代は小学館から発行された月刊PCエンジンで知って、ワンダラーズ・フロム・イースもこれで知ったのです。 当時はパソゲーの紹介記事があったのですね。 高校時代はスー...

PSP イース ナピシュテムの匣特別版

  2007年にコナミから発売されました。元は2003年に日本ファルコムがWindowsで出したものです。 2006年にもPSP版は発売されましたが、特別版はロード時間を短縮しています。  ネタバレを含むので注意してください。...

コミックリュウ 2017年9月号感想

 今月号はモンスター娘のいる日常が二本立てである。 まあ先月原稿を落としたのでその二か月分を描いたのかもしれない。   ※以下ネタバレ注意...

猫と庄造と二人のをんな 感想

 1936年に雑誌『改造』に掲載された谷崎潤一郎先生の作品です。 荒物屋を経営する庄造は雌猫のリリーを溺愛していた。庄造はダメ人間で店は母親にまかせっきりである。 彼には奥さんがふたりいたが、最初の人は庄造の母親に睨まれて追い出されてしまった。 二番目の人は庄造が猫ばかりに構っているので不満なのだ。 ある日最初の妻がリリーを譲ってくれと手紙に送った。二番目の妻はこれ幸いにと譲ってやれと言う。 結局リリ...

個人サイトは自分を褒めてもらうためにある

 十数年前は個人サイトの時代だった。私は東京魔人学園外法帖の二次創作から小説を書き始めましたね。 基本的に短編小説が多かった。 個人の投稿サイトでは鬼道衆の下忍たちの視点で語る長編小説を書いたことがあった。 剣風帖や九龍妖魔学園記の本編小説を書いたこともあるがウケは悪かったと思う。 ちなみに本編小説というのはゲームの内容をそのまま小説にしたものである。 大抵主人公はディフォルトネームの緋勇龍麻が多...

ネギまの登場人物 出席番号十八番龍宮真名

 龍宮真名は中学生離れした体型に褐色の肌という非常に目立ちやすい容姿である。 さらに龍宮神社の巫女という肩書も持っている。 修学旅行の終盤までモブキャラだったが、実は桜咲刹那と退魔の仕事をしていたという仲という意外性に注目度が集まった。 実物ではないとはいえガン=カタや、ライフル銃を振るう姿に惚れた男は多いと思う。 麻帆良祭では世界樹の魔力で男女が結ばれることを阻止していた。 そこで過去に自分は魔...

薬屋のひとりごと 第3巻感想

 小説家になろうで掲載された作品です。 東洋をイメージした世界で後宮で働く少女猫猫『まおまお』。彼女は常人と違い薬の知識が豊富であった。 彼女は基本的に面倒事を嫌うが、宦官の壬氏に目を付けられ、やんごとなき人々と繋がりを持つ羽目になる。 以前関わった梨花妃や皇太后など殿上人の相談を解決するも猫猫は面倒なのだ。 そして壬氏が狩りに赴き事件に巻き込まれる。そこで猫猫は……。 現在は6巻まで出てますが、一...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR