Entries

魔法先生ネギま23巻感想

 ネギが最大の必殺技、闇の魔法を取得するよ。 これはエヴァンジェリンが昔編み出したものらしい。 心の奥に闇があればあるほど力は増すそうだ。 なんというかネギの心の闇が明かされた感じですかね。 暗い過去があるとかではない。村が全滅したことはきっかけだ。 自分自身の存在に疑問を持っているのがネギだ。 父親の真似をせず、自分で道を選んだのも変わったと思う。 闇の魔法で出てきた劣化エヴァと戦う羽目になる。...

PSP 英雄伝説 空の軌跡SC

  2007年に日本ファルコムから発売されました。 すごく面白かったです。 これだけだと小学生の感想文よりひどいのでもっと書きます。 前回のFCをプレイしてないとさっぱりわからない展開ですね。 まあこの手のゲームを最初にプレイしない人はいないと思います。 もしいたら私が褒めてあげます。何? そんなものはいらん? オーブメントがパワーアップしました。 前回はスロットを改造しないとクオーツがはめられない...

コミックリュウ2017年1月号感想

 モンスター娘のいる日常:最後に危険種族がパピに膝枕をしていたよ。 でも彼女は悪意があるとは思えない。キノと同じで悪意がない性質かもしれない。 あとドラコやポルト、メリノにキャトルなど他種族も出演しています。 あせびと空世界の冒険者:ダリアがまた破壊された。でも仲間フラグが立った気がする。 逆に壊されたことで命令を聞く機能が壊れたりしてね。 ヒトミ先生の保健室:今回は周りの人間をふくらませる福良だ...

魔法先生ネギま22巻感想

 ここからが今までのネギまの殻を破った話だと思う。 まず作中ででたらめな強さを誇るジャック・ラカンを師匠にしたことだ。 彼はネギの父親サウザンドマスターの仲間だった男です。 ネギはポルポタスのカゲタロウに襲われ、ラカンに助けられたのです。 ネギはフェイトを倒したい。闘技場で強敵と戦い、自身を磨く。そんな甘い計画を立ててました。 だが結果はネギを追い詰める相手などいなかったのです。 もっともネギはバ...

PCエンジン スナッチャー

 一九九二年にコナミから発売されました。 元は一九八八年にPC-8801から発売されたのを移植されたのです。 オリジナルは未完結で、PCE版で完結したのでした。 スナッチャー。それは人間になり替わる機械人形。 知らない間に隣人がスナッチャーとなる恐怖。 ジャンカーと呼ばれる対スナッチャー組織に所属するギリアン。 彼は記憶喪失だが、その過去が彼を容赦なく襲い掛かるのである。 私はスナッチャーがすごく怖いと...

UQホルダー 第12巻感想

  近衛刀太はバイクレースの出場することになった。 みぞれが忍とキリヱ、どちらかを選ぶことにしたからである。 前回戦った帆乃香の術で三人に分かれた刀太はそれぞれ協力することになった。 レースは白熱、三人の気持ちを確かめ合い、きずなを深める。 だがゴールではカトラスが待ち受けていたのだった……。 今回は三分割した刀太が面白かったですね。それぞれ微妙に性格が違うのです。 そして忍、みぞれ、キリヱの胸の内...

あせびと空世界の冒険者 第6巻感想

 低空域でユウとあせびたちは過去に廃棄されたウォルデシアの船を探索する。 だが途中で船が事故に遭い、さらに衛士のユリも負傷する事態に陥った。 襲い掛かる竜魚を撃退後、ユウたちは探し物を見つけることができたのだった。 今回は低空域と戦いが終わり、リコリスの正体が判明しましたね。 さらに頭部を破壊されたダリアも復活した。 またあせびを姉さんと呼ぶ、ウォルデシア人あやめが登場し、物語はいよいよ核心へ進む...

魔法先生ネギま21巻感想

 この巻はすごいと思った。今までの赤松作品が壊した感じだった。 壊れたと言っても今までのぬるま湯から一気に沸騰した感じかな。 ネギはフェイトに襲撃される。ただの偶然らしいが悪趣味だ。 フェイトにはまったく歯が立たず、仲間全員魔法世界にバラバラに転移された。 ネギには茶々丸しかいない状況である。 今までは明日菜がネギの背中を守っていたのだが、これは意外だったな。 ネギたちは千雨と小太郎、朝倉とさよに...

モンスター娘のいる日常第11巻感想

  モンスター娘のいる日常最新作を買いました。 本当はOADを買いたかったけど地元の書店に置いてなかったのです。 予約しなくても置いてある場合があったから見込みが甘かった。 今回はミーアのアルバイト回から始まり、ダーリンくんが危険種族に巻き込まれる話になります。 特にミーアの回は過去に登場したモン娘たちが出ていました。 ミノタウロスのキャトルとパーンのメリノの搾乳。 九尾のルズ・ナインティとの再会な...

PCエンジン 逐電屋藤兵衛

 一九九〇年にナグザットから発売されました。加賀電子の子会社です。 あくまでナグザットは販売です。 元はBIT2がMSX2に発売された秘録首斬り館の移植です。 PCEだと首斬りはまずいと思ったのか削られてますね。 ゲームタイトルだとついてるけど。 時代は徳川綱吉の時代。生類憐みの令で江戸の民は苦しんでいた。 藤兵衛は逐電を生業とする男であった。 ある日師匠である松尾芭蕉が会いに来る。 そこである女性を逐電...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR