Entries

PSVITA イースⅧ

 二〇一六年に日本ファルコムから発売されました。 イースシリーズのナンバリングタイトルです。 アドル・クリスティンは旅客船ロンバルディア号で水夫の仕事をしていた。 新しい未知なる土地へ行くためだ。相棒のドギも一緒である。 だが船は謎の事故に遭い、気づいたときには呪われた島セイレン島に流れ着いていたのだ。 他の漂流者たちと協力して島の探索を進めていく。アドルは夢の中でダーナと呼ばれる少女と出会うので...

理想のヒモ生活 第8巻感想

  善治郎の活躍でガジール辺境伯の次女ニルダの問題は解決した。 一方で善治郎は血統魔法、瞬間移動を会得したのである。 これでシャロワ・ジルベール双王国に赴き、治癒術師を連れてくることができるようになった。 そこにプジョル将軍の提案により、善治郎の双王国行が早まったのである。 瞬間移動で双王国に来た善治郎の前にルクレツィアという少女が現れた……。 善治郎が未知の国、シャロワ・ジルベール双王国に行くこと...

女囚さそり けもの部屋

1973年に公開された伊藤俊也監督作です。 さそりこと松島ナミ(梶芽衣子)は何の脈絡もなく脱獄し、電車に乗ってました。 そこでふたりの刑事に見つかり、逮捕されそうになるも、持っていた包丁を振り回す。 権藤(成田三樹夫)はマツにワッパをかけるが、マツは包丁で腕をぶった切り、切り取った腕をぶらぶら振り回しながら逃げるマツ。 はっきりいってバイオレンスなのだが、あまりに過激すぎるとギャグにしか見えない。 さらに...

魔法先生ネギま第5巻感想

 修学旅行で京都に来ていたネギ一行。 関西呪術協会の長に親書を渡す使命をあたえられていたのだ。 ネギは桜咲刹那とともに式神使いの女を退ける。 そして宮崎のどかに告白され、朝倉和美に魔法がばれたのであった。 魔法がばれても軽く流されるのがネギまだ。 別の作品なら魔女と罵られ、畏怖の眼で見られるのがふつうである。 この辺りが赤松健らしさが出ていると言えるだろう。 正直それをやられるとストレスがたまるん...

PCエンジン 卒業Ⅱ

  一九九四年にリバーヒルソフトから発売されました。 ホームビデオジャパンにPC-98シリーズからの移植です。 キャラデザはこばやしひよこさんです。 1と同じく女子高生五名を教育するのが目的です。  1と比べるとテンポが良くなりました。席順を変えることでパラメータが上下します。 何度もクリアできましたね。でもクリアした記憶が薄れている。  正直竹井正樹氏より、こばやしひよこ氏のほうが好きだな。 これ...

理想のヒモ生活 第7巻感想

 善治郎はカープァ王国の女王アウラの王配となった。 おりしも北大陸から来たフレア姫がやってきて、その対応に追われる。 善治郎はフレアと共にガジール辺境伯に赴くことになった。 プジョル将軍とガジールの娘ルシンダの結婚式に参加するためである。 そこで善治郎はガジールの娘ニルダと出会ったのだが……。 今回は貴族の対応が非常に面倒だと思いました。 ニルダが結婚式に参加した他国の騎士に注意したことが発端です。...

女囚さそり 第41雑居房

1972年に公開された伊藤俊也監督作です。原作はビッグコミックで連載されていた篠原とおる先生の漫画です。 一応前回の続編らしく、さそりこと梶芽衣子さんはなんと一年近く地下牢に身動きできずいたようです。 その割には妙に小奇麗なのは気のせいでしょうか。 郷田所長(渡辺文雄)は右目をつぶされ、彼女をいたぶって楽しんでました。さそりが地下牢にいて刑務所は平和だといってます。 その日は戸浦六宏が来るのでさそりは日...

コミックリュウ 2016年9月号感想

 モンスター娘のいる日常。 脳内ダンジョンが笑えました。キーラのオチも安定のほっこり感です。 ヒトミ先生の保健室。 多々良先生の昔の彼女来たー!! なんか悪魔っぽいけど場をかき回しそうだ。 KEYMAN。 ウォルターの慟哭が胸に刺さりました。みんなアレックスみたく強くない例ですね。 セントールの悩み。 何気ない日常に非日常が入り込むのが怖かったです。世界は見たままの世界じゃないからです。 きのこい...

魔法先生ネギま 第4巻感想

 ネギはエヴァンジェリンとの闘いの果て和解を果たす。 次の問題は修学旅行であった。京都は関西呪術協会がありネギに難色を示す。 そこで学園長から親書を渡されたのであった。 道中不可解な事件が起きておろおろするネギ。その影に教え子の桜咲刹那がちらつくのであった……。 第三巻が試金石となったのか、ここからが本番と思いました。 今までモブキャラ扱いだった桜咲刹那が一気に活躍しましたね。 ラブひなの京都神鳴流...

UQホルダー 第11巻感想

  今回ネギまのキャラが勢ぞろいしていました。 雪姫ことエヴァンジェリンに、龍宮真名。 いいんちょこと雪広あやかに、絡繰茶々丸、相坂さよ、さらにザジも出演しました。 いいんちょは9巻に登場したけどようやく出てきた感じです。 でもさよやザジまで出るとは思わなかったな。とてもうれしい。 年老いているのはいいんちょだけだが、彼女の方が幸せそうに思える。 ひ孫のみぞれがいるからだ。おそらくいいんちょは多く...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR