Entries

PS2 転生學園幻蒼録

  私の中ではくそげーになっています。買って二回クリアした後売ったから。 大抵私は金に困らない限りソフトは売らないのだが、こちらは速攻だった。 何度もクリアしたくないと思ったソフトはこれが初めてでしたよ。 アスミックエンターテイメントから発売されました。 東京魔人学園剣風帖に似ているが違います。 責任者の今井秋芳氏は一切関わっておりません。 きっと魔人人気にあやかり、適当に作ったと思われます。 も...

明治天皇と日露大戦争

  1957年に新東宝で公開された渡辺邦夫監督作です。  日露戦争をモチーフにした映画です。新東宝にしてはエキストラの数が尋常ではなく、予算をたくさん使っているのがわかりますね。日本初のシネマスコープ大型映画だそうです。もっともそれは東映が先にやっちゃったから、日本初ではなくなった。  明治三十七年、ロシヤの極東侵略政策に脅威を感じた日本は、日露交渉によって事態を収めようとしたが、ロシヤ側は条例違反...

UQホルダー 第124話 脱がされっぷりが半端じゃないな

  伏兵、帆乃香と勇魚に脱がされたキリヱ、みぞれ、忍の三人。 もうすっぽんぽんにもほどがある。 ここまでされるとエロスよりも笑いが来るな。  さらにシャツすら着ないという徹底ぶりだ。 手ぶらというぎりぎりの路線で突っ走るのが怖い。 UQが危険視されないことを祈るばかりだ。 初期は九郎丸がヒロインだと信じていたのになぁ。 男に見えて男ではない、中性的な魅力を持っていたんです。 正直、九郎丸が刀太とくっ...

期待高まる逆転裁判6

  もういくつ寝ると~、逆転裁判6~♪ くわしくはこちら。 ニンテンドー3DS版でも体験版がダウンロードできます。 WEB版と微妙に違うので試してみましょう。  本編クリア後に楽しめるDLCがあります。 特別編『時を超える逆転』です。 本編の後日談となる特別編「時を越える逆転」の主人公は成歩堂龍一です。 さらに成歩堂の幼なじみである矢張政志とライバル検事の御剣怜侍も出ます。 特別編とはいえ矢張が登場するのは...

PCエンジン ワルキューレの伝説

 一九九〇年、ナムコ《現・バンダイナムコゲームス》から発売されました。 元は一九八九年に発売されたアーケードの移植です。 さらに言えばファミコンのワルキューレの冒険の続編です。ファミコンのキャラがアーケードに出るのは珍しい。 トップビュー視点のアクションアドベンチャーです。 剣から光線が出てそれで敵を倒します。拾ったり買ったりした武器で範囲や効果が変化します。 途中で魔法を覚えることができます。そ...

コミックリュウ二〇一六年七月号感想

 モンスター娘のいる日常:ひさしぶりにミーアがメインになってうれしいですね。 MONのメンバーもよかったけど、やっぱりミーアやセントレアたちがいてこそです。 八巻にも出ていたキャトルやメリノ、ルズも出てきて大満足でした。 カラーページではララの乳首が出て、嬉しかったです。 KEYMAN:ウォルターかと思ったらバトラーだったのかよ! ミザリーは放置かと思ったら、そうでもなかったようだ。 あとネクロのアダルト...

憲兵とバラバラ死美人

  一九五七年に新東宝で公開された並木鏡太郎監督作です。  憲兵の宿舎の井戸に女性(三重明子)の胴体が見つかった。しかも妊娠五か月だという。 死体そのものは出てないのでえぐさはない。 憲兵は自分たちで解決しようとし、警察には宿舎に近づかせず捜査しろと命じる。  探偵役として東京から小坂(中山昭二)がやってきた。萩山憲兵曹長(細川俊夫)は東京者には負けないと独自の捜査をする。 その中で炊事番をしていた恒吉(...

あせびと空世界の冒険者 第6巻感想

 前回人型モジュールダリアと戦いを終えてひと段落した。 いったい彼女に命令を下したのは誰だろうか。 その謎は解けぬままユウたちは次の段階へ進むのであった。 ユウたちはかつてゲング船長が帰還するために使った船を回収しようとしていた。 秘密保持のために船を破棄したのだが、ゲングは策を練り、回収できるようにしたのだ。 低域大陸を専門とする冒険者たちを雇った。その中でユウに叔父が経営する会社の技師がいた。...

UQホルダー 第123話 キリヱも脱がされてしまったよ

  キリヱが脱がされました。 みぞれが自分としのぶも脱がされたのに、キリヱだけ脱がないのは不公平だというのです。 なんか子供の発想だな。決断力と実行力は高いがこの辺はまだ年相応ですね。 しかし三人の刀太は考えがバラバラですね。 キリヱを守ると決めた刀太。 しのぶの夢に共感した刀太。 みぞれの考えを知った刀太。 どちらも正しいのでしょう。でも元に戻ったらそれらがごちゃまぜになるんだっけ。 みぞれは自...

KEYMAN 第11巻感想

 最初コミックリュウはモンスター娘のいる日常だけが目当てだった。 KEYMANは全く知らなかったのです。 それが今では単行本を毎回買うようになった。 出会いというのは不思議なものです。 フランクの話は続く。彼は母親であるネクロと対峙していた。 そこにバトラーがやってきて、二人を惨殺する。だがネクロはバトラーを欺き逃走。 そして隠れ家に戻り、KEYMANで作られた鍵でミザリーの魂を呼び戻した。 一方...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR