Entries

今年最後はハーレムマーチャントで終わります

 十二月二十四日に発売されます。 本当は早い段階で情報は開示されましたが、今日になりました。 ある程度記述を参考しつつ、妄想と願望を垂れ流してますね。  あらすじはイシュタール王国にあるムスラン商会の跡継ぎである主人公はある陶芸の天才美女に投資し一大ビジネスを進めていた。そこへヒルクルスから妙な依頼が舞い込む。「至急発火用の魔法宝珠を秘密裏に用意せよ」であった。 不穏な影を感じた彼だったが、依頼に...

グレンとグレンダ

エド・ウッド・コレクション [DVD](2004/03/05)エド・ウッド商品詳細を見る1956年にアメリカで公開されたエド・ウッド監督作です。    冒頭からベラ・ルゴシが出てくる。 しかし彼は狂言回しというより、もっともらしいことを言っているが、実際はわけのわからないことばかりしゃべっている。  なんとなくスマートな荒井注に似ている。生前は103本の映画に出演したらしいが、当時はすでに落ち目だったそうな。 エド・...

セキレイ 第18巻 これが最後のセキレイです

 セキレイの最終巻が発売されました。思えばアニメ第二期から興味を抱いたっけ。 そしてヤングガンガンを毎回購入し、感想を書くようになった。 それも今回で終わると思うと感慨深いな。 実のところだんだん中だるみしてきたので、いつ終わるかなと思っていたのはナイショだ。 あらすじとしては葦牙たちが全員機能停止しました。結は皆人を救うために全員の魂を預かる。 おかげで皆人だけ目覚めた。鶺鴒計画のゲームは皆人の...

UQホルダー第九十九話 刀太はまぎれもなくネギの血を引いているね

 九郎丸は突然刀太に告白してしまった!! こういう場面は何かしら邪魔が入るはずだが、あっさり好きだと言っちゃいましたね。 そんな刀太もあっさり受け入れる。それは恋愛とは違うものでした。 刀太は九郎丸が一番好きだと言いました。 それで嬉しくなる九郎丸。やはり自分は女性として刀太が好きなのだと思っているようだ。 正直、九郎丸はまだ男か、女になるかを悩んでほしいな。  刀太は軽い気持ちだったんだろうな。...

大草原の渡り鳥

1960年に公開された斉藤武市監督作です。渡り鳥シリーズ第5弾です。  渡り鳥シリーズはマイトガイ・アキラが主役で、浅丘ルリ子がヒロインで、宍戸錠がライバル。 木浦祐三は情けない役で金子信雄がボスキャラというパターンが多い。もちろん変化球もある。  摩周湖の尾根道を、ギターを持った滝伸次(小林旭)と赤い夕陽で知り合った少年越谷信夫(江木俊夫)の馬が釧路へ向う。 途中でハートの政(宍戸錠)と出会った。さらに...

コミックリュウ二〇一五年十二月号感想

 今回モンスター娘のいる日常とKEYMANは休載でした。 あとおとなりボイスチャットが実写ドラマ化しました。舞台がアパートの部屋だけだから撮影も楽そうだ。 推しが武道館にいってくれたら死ぬ:前回えりぴよが心を込めた短冊はスタッフの手によって抹殺された。 ただし故意ではなく、事故でだ。舞奈は短冊が届かないことにやきもきしている。 えりぴよの言葉もいまいち信用しきれていない感じだった。 人は形のあるものに安...

ファミコン 天下の御意見番 水戸黄門

  一九八七年にサン電子『現・サンソフト』から発売されました。 アクションアドベンチャーゲームです。 みんな大好き水戸黄門の世界を堪能できるのが魅力です。 でも制限時間が短すぎて難しいのがたまに瑕です。 プレイヤーはステージごとに助さん格さんを動かし、手がかりを集めます。 敵を倒すとアイテムが手に入り、八兵衛やお銀などに変身します。 彼らでなければ情報が手に入らないのです。 助さんたちは町で悪人ど...

源君物語 第8巻 源君の女装力は世界一ィィィッ!!

  今回は源君が女装してミスコンに出場しました。 もちろん自分の意志ではなく、村上が勝手にやったことです。 本当は嫌だったけど、中将つかさをぎゃふんと言わせたいので出ることになりました。 最初はホテルで常夏夕とのセクロスから始まりました。 じっくり責めてましたね。じらされるのがたまりません。 ただ隣の部屋ではなんと六条美也が夕さんを呪っていたのです。 コェェェェ!! 直接乗り込まないのも怖い。 な...

プラン9・フロム・アウタースペース

1959年にアメリカで公開されたエド・ウッド監督作です。  エド・ウッドの名を知ったのは河崎実監督の猫ラーメン大将の予告編で監督が平成のエド・ウッドと紹介されたからだ。 ただの予告編の文句に本気になる私はかなりいかれていると自覚している。 きっかけは何であれ、運命は私にエド・ウッドを結びつけたのだからいいのです。 映画とは宝探しに似ている。手に入れた秘宝の価値は人によって変わる。 人にとってはガラ...

ハーレムフェイク かなり暗い話です

 仙樹歴1000年。舞台はラルフィント王国のサラミス領です。 主人公はウッドで、浮浪者でした。彼はサラミス領主にそっくりなので影武者にされたのです。 そして領主は逃げ、ウッドは本物になり替わるのでした。 正直暗い話だ。主人公の身の上がハーレムシリーズでもっとも過酷である。 父親は誰だかわからない。母親は子供から金を巻き上げ、酒ばかり飲んでいた。 自分の周りには似たような子供がおり、ウッドは20まで...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR