Entries

ネギまのドラマCD 紅き翼編

29巻の限定版ドラマCDの感想です。 正直いまいちな感じがした。もっともいいところもあるので、キャストを引き合いにして書きたいと思う。 ナギ:子安武人さん。本人は40代だが15歳を演じている。聞いてて気分がいい。 ラカン:小山力也さん。少し若く演じていると思う。もっとも20年前の話だからいいか。 詠春:森川智之さん。少しはじけてるというか渋みがない。もっとも結婚しておらず、まだ神鳴流剣士で、呪術協会を継...

痴漢地下鉄

一九七五年に公開された山本晋也監督作です。  ネットレンタルでは一八禁でしたが、とても一八禁とは思えませんでした。  あるサラリーマンが会社に飽き飽きして、ぶらりと立ち寄った映画館でピンク映画を観てから、痴漢をするようになった。  そこで知り合った痴漢の達人と意気投合し、覗きや、痴漢を楽しむのであった。  痴漢を楽しむ男二人のスピーディな展開で面白かったです。山本監督作ではまだ知名度が低かったのか、俳...

本当はエロいグリム童話~ RED SWORD レッド・スウォード

二〇一二年に公開された友松直之監督作です。  役者の数が少ないし、舞台が狭い。低予算映画の決定版だ。それを補うのは亜紗美さんのアクションと、仁科百華の濡れ場であろう。  亜紗美さんは赤ずきんを被っているが、下の服はへそだし、ミニスカートで尻丸出しになる。どうみてもスタントには見えない力の入ったシーンの連発だ。孤独の戦士なのに説明臭いセリフを吐いたりしてますけどね。  それ以上に仁科百華のエロシーンが...

まむしの兄弟 傷害恐喝十八回

一九七二年に東映で公開された中島貞夫監督作です。  菅原文太と川地民夫のコンビも四作目です。原点に返ったのか時たま川地民夫が「○○ってなんや?」と尋ねるボケが復活しました。頭は悪いがかといって義理があるわけでもない。食らいついたら離さないまむしの兄弟です。  今回はマドンナは北林早苗さんです。どうもこの時代の女性は名前が表示されないと覚えられない。いや、私の問題だろうな。  ライバルは渡瀬恒彦ですが、...

ネギま第二期ODA第4巻感想

今回で一応完結したが、32巻ではアリアドネー版が発売される。 正直ダイジェスト版ぽい感じですね。 人気キャラの明日菜や刹那、このかと楓、のどかにくーふぇなどが出てきた。 もっとも活躍したのはコピーエヴァと千雨ですが。 作画はよかった。動きもよかった。しかし、話としては中途半端という印象が否めない。 原作に忠実なのは結構だが、ボリュームの点では難しいところだ。つぎはぎという感じがする。 私としてはテレビア...

野獣の青春

一九六三年に日活で公開された大藪晴彦原作の鈴木清順監督作です。  すっきりしている構成で観やすかったです。鈴木監督はムラのある人なのだろうか。それとも大藪先生の原作ありきなのか。  宍戸錠は元刑事で竹下(木島一郎)に面倒を見てもらった。そんな彼がコールガールと無理心中したというのだ。宍戸錠は竹下のため、残された奥さんくみ子(渡辺美佐子)のために野本(小林昭二)や小野寺(信欣三)の組織に入り込み、めちゃくちゃ...

まむしの兄弟 懲役十三回

一九七二年に公開された中島貞夫監督作です。  今までのシリーズは年代が不明でしたが、舞台は昭和十年です。  菅原文太と川地民夫のコンビ作は三作目を迎えました。  神戸から東京に移ったまむしの兄弟ですが、すりの雷門ケン坊によって金を掏り続けられ、散々な目に遭います。  今作では悪役が小池朝雄で、まむしの兄弟と対するライバルは天知茂です。もっとも安藤昇と違い、こちらは兄弟分です。  マドンナは子持ちの光川...

まむしの兄弟 お礼参り

一九七一年に公開された本田達男監督作です。予告編では本田監督が昇格した第一作目とありました。  まむしの兄弟シリーズ第二弾ですが、監督が代わったのかまむしの兄弟のアクが弱い気がします。  菅原文太と川地民夫のコンビがどうもパンチが弱くなった。狂犬のようにだれかれ構わず噛みつく菅原文太がおとなしかった。暴れるのは筋を通すときくらいだ。大抵川地民夫のおとぼけが連発されたのだが今回はそれが皆無だ。  で本...

ネギま第二期ODA第3巻感想

2巻から半年振りだ。その間にドラマCDが発売されたけどね。 なんというか原作で切り落とされた部分が多い。亜子たちが奴隷になった経緯はあっさりしてる。トサカやクママチーフの出番もなし。トラゴローの出番はあったのにね。 メインはネギとラカンの絡みなのでバトルが多い。 バトルは色彩が違う。色が濃い。動画数も格段に違いますね。ネギの血が異常にきれいに見えました。シャフト特有の実験パートか。 日常シーンは普通でし...

美女と液体人間

一九五八年に東宝で公開された本多猪四郎監督作です。  この時期はビキニ島の水爆実験が騒がれた時期です。液体人間は放射能のせいで液体化し、人を襲う設定になっております。  麻薬の売人が轢かれたと思いきや、服だけ残る不可解さ。警察は売人の情婦の白川由美に目をつけるが、捜査は一向に進まない。  そんな中被ばくした第二竜神丸の船員から液体人間の話を聞かされるが、 科学者の佐原健二は放射能の影響で液体化した生...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR