Entries

セキレイ 第5巻感想

セキレイ 5 (ヤングガンガンコミックス)(2007/07/25)極楽院 櫻子商品詳細を見るハルカと久能の帝都脱出計画が始まった。 原作とアニメを比べてみるとかなり変更されていることがわかる。 懲罰部隊の紅翼と灰翅の出番が多かった。あと葦牙の夏朗がホモであることは口にしなかった。 うずめの葦牙は同性の人だし、葦牙がホモでも問題はないのか。 紅翼と灰翅は104と105で、後期のナンバーだ。それでもシングルナンバーの月海を...

ノゾキアナ 第2巻感想

ノ・ゾ・キ・ア・ナ 2 (ビッグコミックス)(2009/12/26)本名 ワコウ商品詳細を見る冒頭で龍彦は有里と一緒にラブホテルに入る。でも龍彦は興奮するどころか冷めていた。  そりゃあいきなり口でされて出されたらショックを受けるだろう。それに堀井がえみるをレイプしようとしたシーンを見てしまい、セックルが暴力にもなりうることを知ってしまったのだ。で、龍彦と有里はセックルして、えみるは月の下さびしそうにしていた。二人...

くノ一忍法帖 忍者月影抄

1996年に公開された津島勝監督作です。山田風太郎先生原作です。  影の月と同じ原作で、徳川吉宗の妾を晒し、笑いものにしようと徳川宗春が忍者を使い、大岡越前がそれに対抗するため忍者を使い、妾だった女たちの抹殺を命じる。  原作を読んでいないが、おそらく吉宗と宗春の確執、大岡越前の暗躍、そして水無瀬竜斎の存在が原作の共通点なのだろう。  映画ゆえに女忍者たちは妾というだけで女を殺すことにためらいを感じ...

リアル鬼ごっこ2

二〇一〇年に公開された柴田一成監督作です。前作がヒットしたから原作を無視した続編が製作された形だが、これが面白く仕上がっていた。  佐藤翼(石田卓也)は前回別世界に来て、半年ほど鬼ごっこを続けていた。その世界は佐藤を捕まえては奴隷にしており、妹の愛(吉永淳)と洋(三浦翔平)、美沙(渡辺奈緒子・前作では翼の母親役だった)がレジスタンスを結成して鬼たちと戦っていた。鬼は前作より獣じみており、スタンアームという...

鴨川ホルモー

二〇〇九年に公開された本木克英監督作です。原作は万城目学先生です。  大した広告はされておらず、知らない人が多いと思う。私はレンタルDVDで新作情報を見て知ったくらいだ。ホルモーという意味不明の単語に興味が惹かれました。  あらすじは京都大学に二浪で入学した安部(山田孝之)は高村(濱田岳)とともに京大青龍会というサークルに参加した。最初は早良(芦名星)に一目ぼれしたのがきっかけだが、芦屋(石田卓也)との確執...

くノ一忍法帖 柳生外伝 江戸花地獄

一九九八年に公開された小沢仁志出演・監督作です。山田風太郎原作の柳生忍法帖が原作です。  あらすじは堀一族の娘お千絵(森山裕子)と六名の女性たちが、千姫(白鳥靖代)と沢庵(片桐竜次)、そして柳生十兵衛(小沢仁志)と協力し、自分たちの家族を殺した会津七本槍に立ち向かう話です。七 本槍たちは奇怪な体術や武術の持ち主で、十兵衛は手を出さず、あくまで女たちの手で復讐を成し遂げようとします。  原作では堀の女たちは素...

セキレイ 第4巻感想

セキレイ 4 (ヤングガンガンコミックス)(2007/01/25)極楽院 櫻子商品詳細を見るいよいよきな臭くなり始めた鶺鴒計画。そして表紙の人がついにレギュラーになります。 NO・03風花。一巻でもちらっと登場してました。本人は羽化してませんが、鶺鴒計画には関心がありませんでした。 うずめの葦牙は女性でした。同性同士のセキレイと葦牙は御子上と陸奥がいますが、こちらは女性同士ですね。 草野に与えた着ぐるみやメイド服はす...

ノゾキアナ 第一巻感想

ノゾキアナ 1 (ビッグコミックス)(2009/11/30)本名 ワコウ商品詳細を見るケータイ漫画ではかなり有名な漫画らしいですが実際はどんなものやら。  主人公は城戸龍彦という専門学校生。新しく入居したマンションに一人暮らしを始めた。しかしその部屋にはかすかな穴があり、その向こうは隣人、生野えみるが住んでいた。  えみるはタツヒコを互いに覗き合いしようと提案するが、タツヒコは拒否。えみるはタツヒコを脅し、覗き見生活...

くノ一忍法帖 柳生外伝 会津雪地獄

一九九八年に公開された小沢仁志監督作です。 原作の山田風太郎先生の柳生忍法帖でも上下巻だったので、会津雪地獄編が始ります。  お千絵たちは宿敵加藤明成を追って会津にやってきた。 まずは鷲乃巣練助と対決し、某漫画みたいな気を集めて放出するもお圭の忍法山彦返しで殺した。 あそこから気を吸い込み、口から発射するのだが、女性なのにみていて気の毒になる顔でした。  原作では堀の女たちは死なず、沢庵の弟子たち七...

唐獅子株式会社

一九八三年に東映で公開された曽根中生監督作です。原作は小林信彦先生の同名小説です。  ダーク荒巻(横山やすし)は三年ぶりに出所した。ところが組の迎えは島田紳助と間違えるは、敵対する島田組に拉致られるは散々だった。やくざにぼこぼこにされ、窓から放り出された紳助さんを見ると芸能界引退とかぶるように見えた。  兄貴分の哲(伊東四朗)から組長(丹波哲郎)が出版社を始めたことを聞かされる。丹波さんのふんどし姿のグラ...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR