Entries

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね 第7巻感想

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(7) (アクションコミックス(コミックハイ! ))(2013/05/10)草野 紅壱商品詳細を見る ついに7巻目に突入だ。ギャグの切れは初期と比べると落ちたが、安定した構成になっている。今までは飛ばしてきたけど、ペース配分がうまくなった感じですね。 莉智香は勉強の一環で修輔に自慰行為を禁止させました。そこに彩葉が近づいてきた。莉智香は彩葉に命じて刺激を強めていた...

温泉こんにゃく芸者

1970年に公開された中島貞夫監督作です。  珠江(女屋実和子)は大泉晃が経営するコンドーム工場がつぶれてしまい、退職金代わりにコンドームをもらった。育ての親である徳助(殿山泰司)は発明に没頭しており、金が要る。珠江は出稼ぎに行き、片山津温泉にやってきた。  そこで怪しい商売をしている荒川(荒木一郎)と出会い、抱かれたが、一度抱かれたくらいでしおらしくなる彼女ではない。ある温泉宿で芸者のバイトをしたところ...

冒険者カミカゼ

1981年に公開された鷹森立一監督作です。  ある大学で不正入試事件が暴露され、裏金入学した生徒や、総務を担当した職員が次々と首にされた。  カミカゼ(千葉真一)は恋人のあべ静江と尾藤イサオと共に入学金7億円を奪う計画を立てる。生徒のアキラ(真田広之)は仲間と共に同じ時期に金を奪う計画を立てた。そこにケイ(秋吉久美子)が加わり、話はこんがらがる。  現金強奪は成功したがあべさんがヤクザの堂島(岡田英治)に景...

デビルマン 実写版

2004年に公開された永井豪のデビルマンの実写化です。監督は那須博之氏です。ビーバップハイスクールなど不良が活躍する作品をよく撮っていました。  不動明(伊崎央登)は不良にふくろにされていた。友人の飛鳥了(伊崎右典。央登とは双子の兄弟)は明のことになるとキレる。明は牧村美樹(酒井彩名)の家に居候していた。父親は宇崎竜童と母親は阿木耀子で本当の夫婦です。  開始10分で明はデビルマンになった。デーモンはお前...

江戸川乱歩の陰獣

1977年に松竹で公開された加藤泰監督作です。江戸川乱歩の陰獣が原作です。  寒川(あおい輝彦)は本格探偵作家であった。彼は最近エログロを書く大江春泥という作家を軽蔑していた。仏像の展覧会を見回っていると小山田静子(香山美子)を見かける。彼女の背中にミミズ腫れがちらりと見えた。  陰獣の主な登場人物は主人公と静子、そしてその夫の六郎(大友柳太郎)、そして運転手(尾藤イサオ)くらいしかしゃべっていない。しかし...

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね 第6巻感想

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!(6) (アクションコミックス(コミックハイ! ))(2012/08/10)草野 紅壱商品詳細を見る表紙は奈緒と新キャラの松代莉智香のふたりです。パンスト穿いてるけど、近藤みたいな黒パンストではないようですね。  前回近藤の衝撃的な告白をされた修輔だが、近藤はかっこいいトラックに撥ねられたっ!!でも死んでません。  学校では修輔が近藤をふったために自殺未遂を起こした...

特命女子アナ 並野容子 LOVE IN OVER

2010年に公開された田尻裕司監督作です。柳沢きみお先生原作の実写化です。  朝売テレビの窓際女子アナ、並野容子(田丸麻紀)は地味すぎて馬鹿にされていた。同期の佐藤由香(安部魔凛碧)にはパシリにされ、キモチワルオこと木持良夫(向清太朗・天津)にすらあしらわれている始末だ。  もちろん、それは表の顔で、彼女には白川会長(森次晃嗣)直属の特命アナとして、会社に関わるトラブルを解決するもうひとつの顔があるのだ...

盲獣

1969年に大映で公開された江戸川乱歩原作の作品です。監督は増村保造さんです。  私は最初この作品は俳優は3人しかいない、セットは悪趣味なセットのみと聞いたとき、あんまり観たくないと思った。時がつれるにだんだん耐久性がついてきたので、今回思い切って借りてみた。  アキ(緑魔子)はファッションモデルだが、ある先生の写真モデルでもあった。その個展が開かれたので見に行ってみると、会場には写真には目もくれず、...

本陣殺人事件

1975年に公開された高林陽一監督作です。  金田一耕助が初登場した作品ですが今回の金田一は中尾彬さんでジーンズをはいてます。でもなんとなくうさんくさそうな雰囲気は出ています。  一柳賢蔵(田村高廣)は家族の反対を押し切り女教師である克子(水原ゆう紀)を嫁にする。結婚式はまことしめやかに進められ、賢蔵の歳の離れた妹鈴子(高沢順子)が琴を弾く。彼女は人より頭が幼いが琴を弾くことに関しては天才であった。  そ...

蜘蛛の巣屋敷 お役者文七捕り物暦

1959年に公開された沢島忠監督作です。原作は横溝正史で、伝奇色とエロスの強い作品です。  それを横溝作品と縁が深い比佐芳武氏が脚本を勤めており、原作とは違う作風になっております。  名題役者播磨屋敷歌六(中村時蔵)の息子文七(中村錦之介。のちに萬谷錦之助)は、闇夜に覆面の武士達に追われる腰元を見て、こともあろうにその侍達に金をたかり、斬りつけられるも素手でなんとか健闘したが、傷を受けた。ちなみに文七...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR