Entries

タイム

二〇一一年にアメリカで公開されたアンドリュー・ニコル監督作です。  近未来が舞台で人間は二五歳になったらそこから成長が止まり、時間が通貨になる世界であった。  貧乏人は時間が少なく、金持ちはいつまでも不死でいられるという格差社会だ。金なら我慢できるが時間だと致命的なので緊張感が生まれる。  主人公のウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は二五を三年ほど過ごしてるが、母親(オリビア・ワイルド)は五〇でも...

爆発!750cc(ナナハン)族

1976年に公開された小平裕監督作です。 岩城晃一さん出演作ですが、石井輝男監督は関わってません。そもそも暴走族シリーズはシリーズ物であったか疑問です。 岩城さん演じる光次はクライムカイザーという暴走族を率いていた。しかし、警察に捕まってしまう。その一年後、光次は仲間のヒデ(貝の瀬一夫)とロク(大蔵晶)とともに車を改造していた。 そこで金持ちのタカシ(西田健)と揉め事を起こす。 ロクはタカシらのせいで交通事...

屋根裏の散歩者 実相寺昭雄版

1992年に公開された江戸川乱歩原作の映画です。監督は実相寺昭雄。ウルトラマンで有名な人です。メトロン星人とちゃぶ台とくればわかる人はわかるかも? セットが下宿だけという画期的な手法で撮られています。 主人公の郷田三郎(三上博史)はこの世のすべての娯楽に興味を持てない男だった。 下宿には清楚に見えるが、実は頭がアレなバイオリン弾きのお嬢様(宮崎ますみ)。 愛人の縛り絵を描く弁護士の越塚(寺田農) 複数の男と...

女神戦隊ビーナスファイブ

2009年に公開されたVシネマです。監督は山本俊輔さんです。 世界征服をもくろむブラックタイツ団。彼らはゲリラ戦術で一般人を殺害しまくっていた。武器を使わずに。なんというか効率が悪すぎる。非常に頭の悪そうな連中だ。 警察はいつも後手に回ってしまう。 刑事の陣(沼田哲郎)は現場に到着すると、ブラックタイツが死んでいた。 やったのは女神戦隊ビーナスファイブ。 グラビアアイドルの三原ヨーコ(森下悠里) OLの池田レ...

マネーボール

二〇一一年にアメリカで公開されたベネット・ミラー監督作です。原作は実話です。  アメリカの資本主義が露骨に表現されている作品で、それに立ち向かう痛快さがありました。  メジャーリーグでは資金が潤沢な球団ほど有能な選手を速攻で引き抜くのが常識と化していた。弱い球団で選手を育ててもすぐ金を積まれると移ってしまうのである。ここらへんは日本では非難される行為だが、外国では普通なのだろう。  実在の人物である...

昭和残侠伝 唐獅子仁義

1969年に公開されたマキノ雅弘監督作です。シリーズでは第五弾ですが、第一弾は貸し出し中だったんで。 昭和の始め浅草で秀次郎(高倉健)は雷門一家を皆殺しにした帰り、一家に義理のある男重吉(池辺良)が立ちはだかる。勝負は秀次郎の勝利で、重吉は左腕を切られてしまった。 5年の歳月が過ぎ、秀次郎は出所した。浅草の縄張りは雷門一家に奪われ、弟分の英二(宮士尚冶)がいる名古屋へ頼る。途中雷門一家の三下が襲い掛かり、...

天然華汁さやか 実写版

2009年に公開された宇田川大吾監督作です。原作はヤングマガジンに連載されていた同名の漫画で、佐能邦和先生の作品です。TMCのOSCARから出てます。 清らかで可憐、さらに生徒会の書記を務める優等生、それでいて爆乳Hカップの鼓さやか(桐山瑠衣)。処女の彼女は好奇心マンマンで、常にエッチな妄想を膨らませていた。単語帳にPUSSYと書いたり、書道部で卑猥な単語を書いたり、ホットドックを見ただけでも、あらぬ...

ドラゴン・タトゥーの女

二〇一一年にアメリカで公開されたデヴィッド・フィンチャー監督作です。  アメリカで公開されたけど舞台はスウェーデンです。原作がスウェーデンだから。  雑誌記者のミカエル(ダニエル・クレイヴ)は実業家の不正を記事にしたが、名誉棄損で訴えられた。ある日金持ちのヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プリマー)から一家族史編纂を依頼される。しかしそれは表向きであった・・・・・・。  サスペンスであり、エロスが...

おっぱいバレー

2009年に東映で公開された羽住英一郎監督作です。題名はアレですが、中身は七十年代の青春ドラマです。一応実話を基にしているようですが、実際はかなり脚色しているようで、ノンフィクションではそうだ。 ある中学のバレー部は少年らしいエロ妄想に取り付かれた健全な集まりであった。もちろんエロしか興味のない彼らはバレーなど知らなかった。 ある日、新任教師として寺嶋美香子(綾瀬はるか)が赴任してきた。彼女は少々天然ボケ...

お姉チャンバラ VORTEX

2009年に公開された東海林毅監督作です。同名のゲームが原作です。二作目ですが、前回とは繋がりはありません。 彩(手島優)と咲(緒沢あかり)の姉妹はゾンビを根絶やしにする旅を続けていた。そこにミザリー(井上空美)という白いドレスを着た怪しい女が現れた。彼女は世界中がゾンビに満ちたのは卑弥虚の率いる組織のせいだという。 ミザリーの手引きである廃墟に来た彩たち。ケイ(荒川ちか)が卑弥虚とミザリーはいうが、そこには子...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR