Entries

ミッション:インポッシブル

1996年にアメリカで公開された作品です。ブライアン・デ・パルマ監督作です。  元はテレビドラマスパイ大作戦です。  主人公イーサン・ハント(トム・クルーズ)はジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)を中心にCIAの裏切り者を追いつめるために不正の証拠写真を撮ろうとした。しかしチームメンバーは次々と殺されていき、自身も裏切り者の烙印を押される羽目になった。  ジムの妻であるクレア(エマニュエル・ベアール)が生...

レッドシャドウ赤影実写版

2001年に公開された映画です。中野裕之監督作です。 横山光輝先生の漫画仮面の忍者赤影が原作です。 赤影役は安藤政信さんで、バトルロワイアルで桐山和男を演じてました。だから借りました。 青影は村上淳さんで、紅一点の飛鳥は麻生久美子さんです。 白影(竹中直人)の命令で、敵の城を調査する赤影たち。 時代劇とは思えない奇抜な格好で、奇抜な忍者の活劇・・・のはずが、こちらは力が入ってなかった。 ヒロインの飛鳥は途...

この男、凶暴につき

今では世界の北野監督と呼ばれているタレント・ビートたけしさんですが、その割には国内で目立ったヒットは座頭市くらいです。国内では売れず、海外では誉められるのってどうなんでしょう。素人にはわからない世界だと思います。 1989年に公開された記念すべきデヴュー作がこれです。 たけしさんが扮する刑事は暴力刑事。少年たちがホームレスを暴行しても黙ってみているだけだが、その後家に押しかけ自白を強要するというむち...

パルプフィクション

一九九四年にアメリカで公開されたクエンティン・タランティーノ監督作です。新年最初の映画です。  タランティーノといえばあくの強い顔立ちで監督兼俳優を務めている方です。主役ほど目立っていませんけどね。  九四年はときめきメモリアルが発売された年なんだなとしみじみ思いました。当時はこの作品を目にとめてなかったんですよね。それが十九年後に観賞するのだから不思議ですね。  時間は百五十五分あるのでだれるかと...

BROTHER

2000年に公開された北野武監督作です。「ファッキンジャップくらいわかるよ、このやろう」が有名な映画かも。 たけしさんはあいかわらずはみ出しもののヤクザを演じる。 自分で監督しているならもう少しいい役を演じそうなものだが、あえてみじめな死を選ぶのは、たけしさんのこだわりだと思う。これで最後はハッピーエンド。おいしい想いをしていたら、世界の北野とは呼ばれないと思う。 たけしさんは日本に居場所がなくなり...

必殺!

1984年に公開された松竹映画です。監督は貞永方久監督作です。 中村主水こと藤田まことさんが活躍する作品です。 かんざしの秀(三田村邦彦) 三味線の勇次(中条きよし) なんでも屋のお加代(鮎川いずみ) 勇次の義理の母おりく(山田五十鈴) せん(菅井きん)とりつ(白木万理)などテレビでおなじみの顔ぶれです。ただ必殺シーンが活劇になっているのはどうかと思う。もっともそうじゃないと間が持たないのだろうね。 江戸では人が殺...

喧嘩番長 実写版

2008年にVシネマで発売された東海林毅監督作で、同名のゲームが原作です。 この作品は超能力バトルです。主人公田中ヤスオ(若月徹)は眼から光線を発射し、不良たちをおびえさせるだけでなく、蛍光灯や窓ガラスなどを破壊するのです。 もっともこれはゲームにあるメンチビームなので問題はないです。もっとも相手にメンチを切るだけで、破壊力はないと思いますが。 黒真連合は高校を次々と傘下に加えていきます。ヤスオは大竹(...

ひぐらしのなく頃に 実写版

2008年に公開された及川中監督作です。原作は同人ゲームで有名な作品です。 前原圭一(前田公輝)は辺鄙な村雛見沢へ引っ越してきた。最初は膨れ面だったが、一ヵ月後には同じ学校の園崎魅音(飛鳥凛)竜宮レナ(松山愛里)古手梨花(あいか)北条沙都子(小野恵令奈)たちと仲良くなっていた。 村には唯一の学校の先生知恵留美子(三輪ひとみ)や診療所の医者入江(田中幸太郎)と看護婦の鷹野(川原亜矢子)などがいた。 ごみ山をレナと圭一...

ナイト&デイ

二〇一〇年にアメリカで公開されたジェームズ・マンゴールド監督作です。  トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演作です。  トム・クルーズに関わったためにキャメロンさんがトラブルに巻き込まれます。  飛行機に乗ればトムさんが襲撃者を一人も残らず殺すし、不時着させるし。キャメロンさんはトムさんと接触したために関係者と決めつけられるは散々です。  アメリカからオーストリア、そしてスペインと世界中を駆け巡り...

今日からヒットマン 実写版

2009年に公開されたむとうひろし原作の実写化です。横井健司監督作です。 稲葉十吉(武田真治)は営業サラリーマンであった。妻の美佐子(星野真里)と二人暮らしであった。 部下の山本(山本浩司)はへまをやらかすし、上司はその尻拭いをさせられる毎日だった。 ある日、十吉は一人の男(深水元基)をはねた。実際殺したのは殺し屋の二丁(黄川田将也)であった。彼も瀕死で自分の仕事を目撃者の十吉に引き継がせる。 十吉は二丁の女で...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR