Entries

銀蝶流れ者 雌猫・博奕

 一九七二年に東映で公開された山口和彦監督作です。銀蝶シリーズ第二弾です。  第二弾と言っても出演が梶芽衣子さん以外は前回の設定など皆無だよ。 東映映画は続編が出ても大抵そんなもんだ。  樋口ナミ(梶芽衣子)は、女札師緋桜ナミと呼ばれていた。ある日伊香保の温泉町へやって来た。 そこでナミは偶然、銀座の暴力団相星興業から、地元の大熊組に売られてきた花江(光川環世)という娘を助けた。 大熊組長(富田仲次郎)に...

銀蝶渡り鳥

 一九七二年に東映で公開された山口和彦監督作です。梶芽衣子さんの東映出演第一作品です。 でもやってることは暴力の嵐。梶さんは会社を移ろうとも強い女性を演じることになっていた。 刑務所を出所したナミ(梶芽衣子)は、父の昔の仲間で今はビリヤード屋を経営している原田(田中春夫)を頼ってきた。  ビリヤード屋に出入りしているホステスのスカウト屋東隆次(渡瀬恒彦)から、小枝子(青柳小枝子)の居場所を知る。 彼女はナミ...

多羅尾伴内 鬼面村の惨劇

 一九七八年に公開された山口和彦監督作です。 原作は比佐芳武氏で、かつて週刊少年マガジンでコミカライズされた。 脚本小池一夫先生と作画は石森章太郎先生です。  OPは悪趣味な暗黒舞踏が繰り広げられました。暗黒舞踏=土方巽と連想するのは私だけではないはずだ。 主に五〇歳くらいの人は。マガジン読者が見に行ったらこれでショックを受けたと思うね。 いや案外楽しんでみたかもしれません。根拠はないけどな。  マイ...

サーキットの狼 実写版

 一九七七年に東映で公開された山口和彦監督作です。 原作はジャンプで連載されていた同名の漫画で池沢さとし先生の作品です。 先生本人もカメオ出演しております。  主人公の風吹裕矢(風吹真矢)はひどい男です。アイス売りで観客の前に突っ立って、文句を言われたらキレた。 人の車の前にバイクを置いて文句を言われてもキレる。 姉のローザ(山内恵美子)の恋人である飛鳥(倉石功)も気に入らないと殴るが、こちらは寛容な大...

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない

1971年に東映で公開された山口和彦監督作で、ずべ公シリーズ第4弾です。  冒頭で網走番外地のテロップが出たときはびっくらこきまろです。 リカ(大信田礼子)たちはおおはしゃぎですが、大騒ぎになりました。映写技師の世志凡太はけだるそうであった。 こういうお遊びができるのも東映の良さだね。  一年振りで赤城学園から出所したリカは、新宿に戻ってきた。 リカは、赤城学園で知りあったみどり(片山由美子)の縁で、父...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR