Entries

ハーレムスローライフ 農業は大変だよ

 一年ぶりのハーレムシリーズである。私としてはそれなりの内容だと思った。 仙樹歴1036年、ドモス王国でひとりの男が軍を辞めた。 名前はボロクル。14歳の時に徴兵され、16年近く兵役をしていたのだ。 もう戦うのは面倒なので、退役したのである。そこにセレスト地方の役人チェルシーがやってきた。 彼女は過疎化したヤーシュ村では人手不足で家と畑は余るほどあるそうだ。 そこで第二の人生を始めることとなった。 大きな...

ハーレムパイレーツ2 今度は幽霊船を相手にしました

 ハーレムパイレーツ2 (二次元ドリーム文庫 82)(2007/11/17)竹内けん商品詳細を見る でも続編と言っても一巻に伏線があったわけじゃないんだよね。いろいろシリーズで出たネタを披露しているみたいな感じですか。パイレーツは当時海賊が主役の映画が出たから海賊物を書けと言われたそうだ。商売とはこういうことだろう。  パイレーツから二年が過ぎた。主人公のリカルドは王族提督として海賊王号の船長となる。ちなみに私掠船と...

ハーレムシスター ドキ! 女だらけの修道院に王子様が迷い込む

 主人公のヒルクルスはキャッスルで謀反を起こしたヒルメデスの息子だ。シスターではヒルクルスが実質のクーデターの主導者になっている。ヒルクルスの場合具体的な政策があるわけではなく、権力を横取りされたために腹を立てて謀反を起こした感じがする。クーデターを起こしたリカルドと比べるとその差は歴然だ。フィリックスが王太子になったが暗殺なりなんなり国民に被害がない方法を選ぶべきだった。なのに速攻で謀反を起こし...

ハーレムシャドウ お姫様を影からお守りします

ハーレムシャドウ (二次元ドリーム文庫)(2007/04/17)竹内 けん商品詳細を見る  キャッスルからパイレーツ発売まで半年はかかった、シャドウはエンゲージから4か月後に発売された。徐々に発売期間が短くなっていったので、人気が出始めたのだろう。  舞台は二重王国。女王汚辱以来だ。もっともあちらはオルシーニやサブリナと交互に進んでいたが、こちらはあくまでオルシーニ派の忍者ツヴァイクが主役であり、彼の視点で物語は...

ハーレムスローライフの情報

 密林の裏側のあらすじに書かれた程度だけどね。 ドモス王国の元軍人ボロクルは、地方役人のチェルシーの勧めで田舎に来た。 特産品のメロンを作り、孤児のノーラと、シスターのアンジュなどが関わっていく。 表紙的にはシスター服を着ている人がアンジュで、幼女っぽいのがノーラだろう。 残りがチェルシーですね。 ただドモス王国の人間とは言え、舞台がドモスとは限らない気がする。 なんとなくだがドモス王国は引退する...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR