Entries

007 美しき獲物たち

1985年に公開された007シリーズ14弾です。監督はジョン・グレンです。 今回でロジャー・ムーアはボンドを引退した作品です。 核爆発でもおかしくならないICを巡る話。 ボンドはチベット(パトリック・マクニー)を運転手として偽造し、馬主のゾリン(クリストファー・ウォーケン)のところへ探ります。 ボンドは盗聴器を察知し、チベットにえらそうな口調で語りかけ、ごまかします。吹き替えは広川太一郎さんです。なんとな...

007 オクトパシー

1983年に公開された007シリーズ第13弾です。監督はジョン・グレン。一週間で13も観ると疲れてきました。 ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は仕事で軍事基地を破壊したあと、すぐ仕事を回された。 マネーペニーのほかに新しい助手が入った。Mはバーナード・リーからロバート・ブラウンに代わった。 ボンドの目的はロシアのファベルジュの卵である。骨董品の価値がある卵がオークションで出回っていた。ソ連の外貨...

007 ユア・アイズ・オンリー

1981年に公開された007シリーズ第12弾です。監督はジョン・グレン。 冒頭でジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は亡き妻テレサの墓参りに来ていた。そこへヘリがやってきて、仕事だという。 しかし、それは罠だった。スキンヘッドにペルシャ猫を抱く男はブロフェルドとしか思えないが、顔は出ておらず、正確に明記されていない。 ボンドはあっさりそいつを殺すことに成功し、それっきりで終わる。 イギリスのセント・...

007 ムーンレイカー

1979年に公開された007シリーズ第11弾です。監督はルイス・ギルバートです。 イギリス空軍の飛行機がムーンレイカーというスペースシャトルを真上に乗せて運んでいる時点で、突っ込み度満載です。 もちろん、誰かに盗まれ、われらがジェームズ・ボンド、ロジャー・ムーアがカルフォルニアから、ヴェネチア、リオと世界中を駆け回るのです。 今回のボスはドラックス(マイケル・ロンズデール)で、シャトルを作った会社の社...

007 私を愛したスパイ

1977年に公開された007シリーズ第10弾です。監督はケント・ギルバートに変わりました。  ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)はアルプスでロシアの諜報員たちに襲われた。 何とか撃退し、逃げ延びたが、コードネーム・トリプルXことアマソヴァ(バーバラ・バック)の恋人が混じっていた。 イギリスとソ連の原子力潜水艦が何者かに拿捕された。 犯人は大富豪だが、誇大妄想の激しいストロンバーグ(クルト・ユンゲルス)...

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR