FC2ブログ

Latest Entries

蜘蛛の巣屋敷 お役者文七捕り物暦

1959年に公開された沢島忠監督作です。原作は横溝正史で、伝奇色とエロスの強い作品です。

 それを横溝作品と縁が深い比佐芳武氏が脚本を勤めており、原作とは違う作風になっております。

 名題役者播磨屋敷歌六(中村時蔵)の息子文七(中村錦之介。のちに萬谷錦之助)は、闇夜に覆面の武士達に追われる腰元を見て、こともあろうにその侍達に金をたかり、斬りつけられるも素手でなんとか健闘したが、傷を受けた。ちなみに文七は金を貧しい親子に与えるつもりだった。お金は実家で働くおとよ(花園ひろみ)からもらった。
 あとだるまの金兵衛(沢村宗之助)に事情を打ち明け捜査してもらうことにした。

 長屋のお半(桜町弘子)に手当をうけた彼は与力池田大助(中村嘉葎雄)に事情を訴えたが問題の屋敷は何も抗議はしておらず、金兵衛も何もつかんでいないので、文七の言葉は信じて貰えなかった。同じ夜、勝田藩江戸邸で、老中水野和泉守(山形勲)の嫡男忠常への嫁入りを前に、長女輝姫(雪代敬子)が何者かに襲われた。昔土蜘蛛の一味の一揆があったが、一味は総て磔にされたはずであった。相談をうけた大岡越前守(片岡千恵蔵)も困惑し、究明を大助に命じた。初めて片岡千恵蔵の声を聞いたがなかなかのものでした。

 一方山村座千秋楽の日、文七の父歌六が何者かに斬りつけられた。大事には至らなかったが、ひいきによばれた秀歌(中村芝雀)が阿片で眠らされ、死体と化した輝姫のそばで発見される事件が起った。大助と連絡をとりながら、文七は役者あがりの経験を生かして、変装によって姿をかえ、事件の探索にのりだした。原作では文七は女装することが多いのだが、平凡な変装でつまらなかった。

 根気よく探ったすえ、一味の根城をつきとめた。しかし彼と大助一行がかけつけた時には、すでにもぬけのからで、長持ちに死体が残っているのみ。途方にくれる大助に、文七は一芝居うって土蜘蛛一味をおびきよせるよう図った。 大岡は輝姫の代わりのものを結婚させようと強引に結びつけた。

 数日して、勝田藩から、今度は振姫(横田真佐子)の輿入りが発表された。本当は三女を残して殺されるのだが、三女は空気でした。婚礼の日どりは明日。その晩、姫の部屋を見はる文七の眼の前に、滝川(日高澄子)の手引きで土蜘蛛の精が出現した。文七はそれが芝居者あがりの市之丞(徳大寺伸)が、芝居と同じ道具だてでやっているしわざと見破り、滝川たちを追って地下道に入り、隣の掛川藩の屋敷に出た。 

 総てのことは、自藩の姫を老中の嫡男に輿入れさせて勢力を得んがため、掛川藩の家老内藤監物(薄田研二)がたくらんだことだった。大岡越前守配下の一団がかけつけて、一味は縄にかかった。
 殺陣がどうにもへっぽこで、効果音がしょぼいので迫力がなかった。

 比佐さんは片岡千恵蔵出演の多羅尾判内シリーズで脚本を勤めていた。横溝正史作品の映画の脚本を書いているが、犯人は変えている。原作どおりだとつまらないから変えたのか、いまだと微妙な評価だと思う。

 中村の姓が多いのは家族だからです。中村時蔵が父親で、長男歌昇、次兄芝雀、末弟嘉葎雄といった中村親子が勢ぞろいである。作中では中村時蔵と芝雀の劇中劇、歌舞伎狂言の「女暫(おんなしばらく)」を長々と撮っていた。
 原作では坂東一家の養子だったが、映画ではその設定がなくなっている。原作では文七は勝田家と深いつながりがあったのだが、はぶられている。文七シリーズは最後はどうもぱっとしないのが問題なのだ。
 錦之介さんの伝法で気風のよい演技は見ものである。

スーパーファミコン パイロットウィングス



 このソフトは、1990年に任天堂で発売されたスカイスポーツ・シミュレーションゲームです。
 
 大空を舞台に、さまざまなスカイスポーツに挑戦します。
 SFCの機能を利用した疑似3Dの迫力に酔いしれましょう。

 プレイヤーはスカイスポーツスクール「フライトクラブ」の受講生となり、さまざまな種目に挑戦します。
 最初はライトプレーンとスカイダイビングのテストを行います。
 合格するとロケットベルトやハングライダーをプレイできるのです。もちろんテストをクリアしてひとつづつ解放されますが。

 ライトプレーンに乗り込んでうまく着地させたり、スカイダイビングで意図した的へ着地したりします。
 そして小型ロケットを操作して上空のリングをくぐったりと、スカイスポーツならではの種目が収録されているのです。
 慣れないといらいらするけど、コツを掴み成功させるととてもうれしいですね。

 目的地を示すレーダーや燃料の残り具合を参考にしながら、カリキュラムを達成を目指します。
 ですがこのゲームは地味だ。スーパーマリオワールドやF=ZEROと比べると華やかさがない。
 しかしSFCの機能を利用した本作品はじわじわとした面白さがある。

 ライトプレーンでは少しでも機体が曲がっていると着地失敗になる。
 それをうまく調整し、着地させた時の快感は他では味わえないでしょう。
 地味ながらも成功させた喜びが大きいのは、この作品の魅力ですね。

 SFCはポリゴン機能はないのですが、それに近いように作った開発陣はすごいと思いました。

異種族レビュアーズ まりおねっと・くらいしす感想


 

 異種族レビュアーズの小説版第2弾です。

 今回はゴーレムの店で作ったメイドリー人形が騒動を起こします。
 前半はゴーレムメイドリーと産卵の店の受付嬢の話です。
 もっとも受付嬢本人ではなく、双子の妹と言う設定ですね。
 フクロウ系の有翼人は割と人気があります。

 しかし行方不明のメイドリー人形はある事情で自我を持ち始めた。
 この事件にはとある魔法使いが絡んでおり、すべてはそいつのせいである。
 途中でいろんなサキュバス店のレビューもしている。
 小説版らしい内容になっていますね。

 あとオリキャラでアシュラのヴィルチャナという男が出ます。
 彼はスタンクに勝負を挑むのですが、軽くあしらわれました。
 あまりにも真面目過ぎるのでサキュバス店を勧めたらドはまりしてしまいます。
 そして迎える最後はあまりにも悲惨なものでした・・・・・・。くわしくは本書をごらんください。

異種族レビュアーズ第4巻感想



 異種族とエッチしまくる漫画も4巻を迎えた。
 よくもこんなニッチな内容で長続きしたと思う。
 しかし面白いので問題はない。飽きさせない展開がよいね。

 クリムの同僚の天使。かなり笑えた。クリムはまだ展開に帰れそうにない。
 獣人の聖地。いろんな獣人が出たが、100%はかなりやばい。
 サキュバスムービーの売買。お勧め。
 ドワーフの店。ひげに萌えを見出せばよい。
 こげつき依頼の達成。普通の店では抱けない娘を抱けるのが売りだ。難易度は高いが。
 勇者と大将軍の登場。知らない間に訪れた危機が、あっさり解決した。
 ミミックとのプレイ。丸呑みプレイは割と需要があるようです。

 種族が違えば好みも違う。その差が面白いですね。

 表紙の娘たちはこげつき依頼の店のウェイトレスだ。

 一番エロいのはサキュバスムービーの件だ。
 これはペパット娘の恥ずかしい部分にマジックオナホを埋める作業を映したものです。
 かなり絵面がやばいのでお勧めですね。

デスペラード

一九九五年に公開されたロバート・ロドリゲス監督作です。

 ギャングに恋人を殺され、自分の手を撃たれギターが弾けなくなったエル(アントニオ・バンデラス)は復讐のためにブチョを殺そうとする。仲間はブシェミ(スティーブ・ブシェミ)に、カンパ(カルロス・ガラルドー)とキーノ(アルバート・ミッシェル・Jr)がいたがみんな死んだ。かくまってもらったカロリーナ(サルマ・ハエック)とともに戦うのである。

 復讐のために町を支配するブチョの部下を殺しまくる主人公だが、彼の場合恋人と自分の手を撃たれただけだ。それだけで恨みのない人を殺しまくっている。そりゃあ彼らは銃を持ってるし、人を殺したこともあるかもしれないが、エルは拳銃で彼らを撃ち殺している。ちなみにブチョも使えない部下を撃ち殺しているから善人ではないけど。

 いくら復讐のためとはいえ、主人公は大量殺人犯だ。捕まったら即死刑か終身刑だろう。そして何も考えず突っ走り、人の忠告も無視した挙句、ブシェミは死ぬし、助っ人を頼んだカンパとキーノはあっさり死んでしまった。最後に復讐を成し遂げ、カロリーナと二人っきりになるが、死んだ仲間が報われなさ過ぎる。

 復讐のためなら何をしても許されるとは思えない。自分の大切な人が殺された、だからそいつをむごたらしく殺していいのなら法律はいらないだろう。もっとも映画だから余計な考えは必要ないかもしれない。
 アクションシーンでは人が漫画みたいに吹き飛ぶので爽快感は最高ですね。何も考えず見る作品としては最適といえます。見てて楽しいのが映画ですからね。

 日本では作れそうにない映画ですね。もっとも日本には日本らしい作品、アメリカにはアメリカらしい作品がありますからね。もっともメキシコ関係の俳優が多いですが。マチェーテで主役を張ったダニー・トレホ氏もメキシコ顔ですね。
 あと若き日のクエンティン・タランティーノ監督が三下役で登場し、撃ち殺されてます。マチェーテという作品ではタランティーノ監督は製作に関わっています。ロドリゲス監督と縁が深いのですね。

異種族レビュアーズアニメ 第1話感想



 あの問題漫画がアニメ化した。いったいどうなるのか疑問でしたね。
 
 基本的に原作にオリジナルを挟みつつ、レビューの時は相手の女性が喘ぐ形でした。
 おまけなどを使い、モブや主要キャラに説明するのがほとんどですね。

 話の内容はまずスタンクがエルフを相手にしました。
 当たり前だけど行為そのものを書くことはできません。
 それから仲間内でレビューを書くことになり、各人が説明する流れです。

 次に天使のクリムとの出会いです。原作では3話でしたが、アニメでは構成を変えてますね。
 原作2話だとすでに登場しており、いつ出たのかわからなかった。
 おまけでスタンクたちが選んだサキュ嬢の名前を出したりと、芸が細かいです。

 最後は原作2話のダゴンちゃんと有翼人のレビューです。
 カンチャルの話はおまけ話で、きちんと映像になっていた。
 それをモブが口に出して説明してましたね。
 あとメイドリーが有翼人のレビューの題名を口にしていました。

 原作をきちんと読んでおり、アニメならではの内容に仕上がっております。
 漫画では使い捨て扱いのキャラも、アニメだと出番が増えたりと興味深いですね。
 人気投票で名前を与えられたキャラはどう登場するか、不安でしたが納得でもありました。
 エロを強調しておりますが、原作ファンなら気に入るでしょう。

 スタンク役は間島淳司さんで、いつもはハーレムを築く役が多いので珍しいと思った。
 もっともジョジョ黄金の風でメローネを演じていたし、あんまり決めつけるのも違うな。

 個人的にクリムの股間がやけに気合入っていると思った。
 来週はフェアリーと悪魔、ミノタウロスの話になるようです。

UQホルダー 第168話 刀太とエヴァが素っ裸!!

 

 激しいバトルが続いたから、今回はのんびりした空気が流れています。

 前回、七尾の計らいで刀太とエヴァは全裸で水中観覧車に乗せられました。
 エヴァは呆れましたが、刀太に見られるのは恥ずかしいようです。
 この点はまだ恥じらいと言うか、刀太だからかもしれない。

 で、刀太は告白する。自分が生まれる前にエヴァに会ったことを。
 魔王と呼ばれた時代と、まだ16歳だった頃、キティと呼んだ日のことを。
 もっともエヴァに口をふさがれましたけどね。

 その後、エヴァは雪姫となり、刀太は年齢詐称薬で青年になる。
 観光地となっている新オルティアでは白い翼通りができてました。
 明日菜と木乃香、刹那の石像があり、雪姫は腹を抱えて笑っています。

 おみやげにはランダム絵柄まんじゅうにせんべいといろいろありました。
 刀太にとっては英雄なのだが雪姫にとっては一緒にバカ騒ぎをしたクラスメイトだから笑えるのだろう。
 それを見て刀太は思う。

 ネギが世界を救った世界では、エヴァと刀太は出会っていないだろう。
 自分がいなくても幸せになっていた、自分は必要ではなかったと言い出した。
 だがエヴァは否定する。
 
 お前が私の初恋だと。

 刀太はまだ生まれて十年も経っていない。エヴァは800年近く生きている。
 刀太には経験が少なく、エヴァを救う方法がわからない。
 だが気持ちは伝わる。足りない頭だろうが、エヴァを想う気持ちは本物だ。
 それを察するエヴァからは笑みが浮かぶ。

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR