Latest Entries

UQホルダー アニメ第8話感想

 今回は比較的原作通りだった。
 最後の部分だけオリジナルだったね。
 
 そもそも原作通りなら面白いかというとそうでもない。
 ネギまのODAのときは確かに原作通りだったが、それほど面白いとは思わなかった。
 逆に原作を改ざんしたらいいのかというとそうでもない。
 なんというか原作を補佐するようなオリジナルなら受け入れられると思う。

 フェイトが登場し、肉丸と三橋が人質になってしまった。
 一空は衛星で攻撃しようとしたが祝月詠に邪魔される。声は釘宮理恵さんでした。ODAでも月詠を演じてましたね。
 牛玲娑婆は梅津秀行さんです。まさか出てくるとは思わなかった。アスラ=ツゥは先に出ており、台詞が変わっていた。

 フェイトとのバトルは迫力ありましたね。あまりに強いので刀太は勝てそうにありません。
 キリヱによってリセットして戻ることができた。戻るときに移動させる地点を選べるのです。
 かつて刀太たちが閉じ込められた地下に飛ばされ、雪姫が待ってました。

 バトルはすぐに終わり、フェイトが質問を答えてくれます。
 最後の刀太の質問でネギが登場した。こちらはリアルタイムで通信されているようだ。
 ネギが登場するのはアマノミハシラ学園の最後にネギの手紙を読んで発動したんだよね。
 UQは何話で終わるのかよくわからないけど、飛ばしすぎだよな。

 この感想を読む人はたぶんここの管理人は本当にUQホルダーが好きなのかと疑問に抱くだろう。
 大好きではないけど、日常生活に組みこまれている感じなんだよね。
 自分のブログに気持ちを書いて満足しているだけです。
 はっきりいえばネタバレを書き、画像を張れば人気が出るだろうけど、私はそこまでする気はないな。

ファミコン ドラゴンクエストⅢ

 一九八八年にエニックス(現・スクエア・エニックス)から発売されたファミコンゲームです。
 
 ドラクエ3の魅力は他のサイトで散々書かれているので私はあえてエロいほうを書きます。
 なんでエロかというと、私はエロが大好きだからです。
 エロが嫌いな人はいません!!

 ドラクエ3の仲間キャラはエロいです。いいえ、キャラデザはドラゴンボールで有名な鳥山明氏であり、
 実際はエロとは無縁です。でも同人誌ではドラクエ3のキャラが今でも根強く出ています。
 では仲間キャラでどうエロいのか説明しましょう。

 女戦士。赤いビキニアーマーを着てます。当時ビキニアーマーは刺激が強すぎでした。
 もっとも人気が高いと思う。戦士故に性には無知で開発されるパターンが多い。
 カンダタと戦って敗北し、カンダタこぶんたちと可愛がられる話とか面白そうだ。
 
 女僧侶。法衣を着ているので目立たないが、実は全身タイツを着ています。
 全身タイツを生かしたエロが目立つ。僧侶故に陰間で済ませることがある。
 ホイミスライムに絡まれると大変だ。体力を減らされてもホイミで回復されるからね。
  
 女魔法使い。魔女っぽい恰好で胸元が目立ちます。
 私としてはセクシーだと思うがあまり人気がないように見える。
 魔法使い故にエロい魔法の開発に余念がなかったりするかもね。
 男魔法使いは老人なのでギンギンにさせる魔法を使うとか。

 女武道家。拳法着を着ている。なんとなくだがドラゴンボールに近い。
 服装が地味なのであまり目立ってない。戦士と同じくストイック故に性の罠に陥る場合がある。
 黄金の爪を装備したら魔物たちが群がり、好き勝手にやられるとかありそうだ。

 女商人。なんとなくアラビアンナイトに近い気がする。男がターバンをかぶっているので。
 正直地味です。商人が必要な町では、革命前に暴行される話とかがある。
 アッサラームで体を売ったりする話とか面白そうです。
 
 女遊び人。バニーガール。ドラクエシリーズはバニーが多い。
 バニーだがあまり目立ってない。あまりに露骨だからだろうか。私もバニーは大好きです。
 パーティが金欠だと体を張って稼いでくれるとかありそうですね。
 あと男遊び人はピエロに見える。ピエロに迫られるのもありだな。

 女賢者。ミニスカワンピースを着ている。
 人気が高い。特に賢者は遊び人がさとりのしょがなくても転職できるので、
 実はエロいという設定が目立つ。遊び人と同じでパーティの金策に体を張ってくれそうです。

 女盗賊。SFCから初登場した。褐色肌で唇が厚い。
 あまり目立たない。でも褐色肌は好きですよ。ものすごくエロいことをしてくれるかもしれない。
 盗賊故に性には開放的かもしれませんね。
 あとは既成事実を作り、金をせびるのもありだな。

 女勇者。FC版では男と同じ。SFCで差別化された。
 モンスターにいたずらされやすく、人気が高い。
 死にかけのオルテガとがんばるかもね。勇者の血を濃くするために。

 目立たないと書いたが、まったくないというわけではない。そこのところを勘違いしないように。
 
 エロはともかく、小学生の頃の私は女戦士や女僧侶、女魔法使いと一緒に冒険をしていました。
 もちろん当時はドット絵で鳥山先生のイメージイラストは全く再現されていません。
 でも私はビキニアーマーの女戦士と冒険できる喜びに満ちていました。
 もっとも当時は弟たちに女の仲間を入れるとからかわれたりしましたね。

 記事は基本的に露骨な描写は避けています。
 下手に生々しく書くと注意されますからね。私は一度もないけど。
 直接描写さえ書かなければ割と自由なんですよ。
ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III(復刻版攻略本「ファミコン神拳」(書籍全130ページ)他同梱) 初回生産特典 実物大! ちいさなメダル同梱ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III(復刻版攻略本「ファミコン神拳」(書籍全130ページ)他同梱) 初回生産特典 実物大! ちいさなメダル同梱
(2011/09/15)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

小説家になろうで抱いた野心

 実はマッスルアドベンチャーはある野心を抱いて執筆したのです。

 その理由は小説家になろうでは異世界転生物が多い。書籍化もそればかりが目立ちました。
 今ならそれを除外した作品が受けるかもしれない。そう思いマッスルアドベンチャーを執筆したのです。
 
 世界観は核戦争が起きて荒廃した二百年後のスペインにしました。
 なぜスペインなのかというとスペイン語の名前は新鮮だと思ったからですね。
 イベリア半島なのにオルデン大陸にしたのは失敗だと思ったけど、荒廃した世界だから大丈夫だろう。

 アライグマやヌートリアといった外来種が多いのは、荒廃した世界に森を復活させるためでした。
 その役目を担うのがビッグヘッドという遺伝子組み換えで生まれた生物です。
 モデルはドクタースランプのニコちゃん大王で、ウィキでは鳥山先生がマシリトに不気味な物を書くなと言われたからです。
 
 あとは福島第一原発の事故を見て、汚染された土壌と水を浄化する生物が生まれればいいなと思ったからです。
 その後ビッグヘッドの設定は作者である私に良い結果をもたらしました。
 なんとかヘッドとつければどんなビッグヘッドも誕生できたからです。

 さて外来種を登場させた話に戻しましょう。こちらはテレビでオオハンゴウソウの特集をしていたからです。
 北海道では車を走らせていると黄色いオオハンゴウソウが咲き乱れております。とても繁殖力が強く、駆除が追いつかないと言われています。
 核戦争で荒廃した世界に生命力の強い外来種を持ってきて自然を回復させようと思いました。
 そのためビッグヘッドは死んだら木に変化する設定にしたのです。
 なんかの本で読みましたが、原生林より、人の手で作られた森の方が豊かだと言います。日本も昔ははげ山が多かったのを植林したから豊かになったそうです。

 あと主人公のフエルテは筋肉を振るわせることで風を生み出します。これは元祖ムキムキマンのエンゼル体操で思いつきました。
 本当はロバート・E・ハワードの戦士コナンをモデルにしてますが、剣を振るって戦うのはパクリだと思ったからです。
 筋肉と言えばボディービル、ボディービルをいかした戦い方があると思い、現在の形にしました。
 アモルが男の娘になったのはヘンティルに腹に一物ではなく、股間に一物という台詞を言わせたいためでした。

 現在では賞に応募しても落選してばかりで、自分の考えの浅さに呆れてしまいます。
 それでも現在はネイブルパイレーツを連載しているのは、書くのが楽しいからです。
 定期的に掲載し、小説家気分に浸れる。それがなろうの楽しみ方だと思っています。
 まあそう思うことで自分の不甲斐なさを誤魔化しているんですけどね。
 小説を書く面白さは、本人でないとわかりませんから。

鶴ひろみさん死去

 鶴ひろみさんが亡くなりました。享年57歳でした。
 大動脈解離だそうです。

 鶴さんはドラゴンボールのブルマやそれいけアンパンマンのドキンちゃんなどを演じていました。
 ワンピースだとシャッキーを演じてます。

 ゲームだとPCEのイース1・2でリリアを、天外魔境1ではカーミラを演じておりました。

 まだ若すぎる……。しかもいきなりなのでショックが大きすぎです。
 ご冥福をお祈りいたします。
 

がるメタる! で思ったこと

 今井秋芳氏が監督を務めるニンテンドースイッチのゲーム、がるメタる! が出ます。

 キャラデザの青木俊直氏はウゴウゴルーガにも参加した人です。
 あらすじは地球侵略を企む宇宙人からヘビメタで撃退する話のようだ。
 
 今まで伝奇物を手掛けてきた今井氏にとって初めてのメタル作品だ。
 最初キャラデザがポプテピピックの人かと思ったが、全然違いました。
 青木氏の絵柄を知らなかったので、勘違いしましたね。そもそも名前自身間違えてないのに。

 今井氏はある意味他人のふんどしで相撲を取る人だった。
 伝奇を頼りにしており、それ以外はできない人でしたね。
 3DSのハマトラは原作があるので自分の色を発揮できなかったから、魔都よりは面白かった。
 たぶん会社のトップが今井氏に伝奇を書かせるとろくなことがないから、禁止させたのかもしれないな。
 
 がるメタる! はムービーを見たけどなかなか良い感じがする。
 ただ本体を持ってないし、三万近くするから無理っぽい。

 今井氏は女子高生が好きなんだよね。剣風帖では比良坂紗夜役の吉住梢さんは当時女子高生だった。
 九龍妖魔学園記ではEDを喜多村英梨さんが歌っており、彼女も女子高生だったのです。
 魔都紅色幽撃隊はわかんないけど。女子高生に対する執着は不気味ですね。

 宇宙人ネタは九龍でやってたが、メタルで撃退というからあまり伝奇色は出さないかもです。
 あくまで女子高生のジュヴナイルとしてならいけるかもしれない。
 もう学園伝奇ジュヴナイルはだめな可能性がある。主人公たちだけ幸せならオッケー、モブが何人死のうが傷つこうが知ったこっちゃないのが今井氏の脚本だ。
 東亰物祓師のかわさきさんが離別したのはきっとそれが理由かもしれない。業界のことなど知らないから憶測だけど。

 正直帝戦帖は期待できない。そもそも今井氏なら南京虐殺は実在し、京一の祖父が憲兵隊に喧嘩を売るのが眼に見えている。
 そして歴史の実在する人物にすごいすごいと持ち上げるのだ。外法帖では沖田総司や勝海舟が褒めたたえるように。
 一方で松平容保を忌み嫌っており、彼を徹底にこき下ろしていた。フォローなど一切なかった。

 さらに戦時中ではありえないことを平気で出すな。現実感より面白さを悪い意味で優先するからだ。
 血風録で北欧神話の神々を出し、さらに何しに出たのかわからないといありさまでした。
 そんなの出すより仲間たちのフォローをしろと言いたかったな。

 私としてはがるメタる! は期待していい気がします。今井氏はシステムはよいと思うので。
 変にシナリオは書かせたらだめだと思うが、伝奇が絡まなければなんとかなるレベルだと思う。

あせびと空世界の冒険者 第8巻感想

 保安モジュールであるアイゼンたちを撃退したあせびたち。ようやく落ち着くことができた。
 ダリアは前回首を刎ねられたが、スレイブユニットの一体にコアを移植したため復活できたのです。

 そしてしばらく休養をして英気を養いました。もちろん対策は練っています。
 新キャラにプレフォーク島一番の衛士グレンと、カルフォーク社の技術者なずなが加わりました。
 グレンは過去にユウの父親と出会い、いつの日か大きくなったら衛士になると約束したのです。
 なずなは一見ドジっ子に見えるが、保安モジュールの一体でスパイでした。

 ただ眼鏡をかけるとメンタルが弱くなるという欠点があります。
 それ以外は知識など問題なく使えるようです。
 彼女の目的はユウたちの冒険の手助けをし、リコリスを懐柔するのが目的でした。

 アイゼンはあせびと戦い、彼女のマスターであるあやめのたくらみを知りました。
 それを阻止するためにあせびたちを利用しようとしたようです。
 以前あやめが出たときは何かバーチャルシミュレーションみたいなもので実験していました。
 一体何をしていたのか、その答えの一環が最後に明かされました。

 ユウたちは知らずになずなの誘導である島へたどり着きました。
 その島はあせびが住んでいた町と似ているのです。しかも島民は普通に接しています。
 島民は知らない顔がほとんどですが、リコリスはそこで両親を見てしまったのです。

 そもそもあやめは何がしたいのだろうか。それとアイゼンたちが何をしたいのかわからない。
 保安モジュール立ちの目的はウォルデシア人の保護だ。ブラントには防護シェルターで住人が眠っている。
 さらい内戦の汚染度が下がるまでリコリスもシェルターで眠らせようとしていた。

 ウォルデシア人は誰に攻撃されたのだろうか。それは作中では明らかになっていない。
 もしかしたらユウたちがその敵の子孫なのかもしれないです。だってアイゼンたちは容赦なく攻撃を加えるから。
 それなら相手を全滅させようとするだろうが、ブラントに近づかない限り彼らは手を加えてないのだ。
 
 あとあせびは今は亡きゲング船長に託し、彼女に自由を与えた。
 ウォルデシアの重要な秘密の塊であるあせびを寄越したのは何故だろうか。
 それは外の世界のデータを入手するためである可能性が高い。
 あせびの目から得たデータを使い、今の島を作ったのかもしれません。

 しかしそれを何のためにするのかがまったくわからない。
 そもそも私の推測が当たったためしがないので自信がないです。
 まあ、面白いからいいですが。

UQホルダー アニメ第7話感想

 今回はキリヱの不死の秘密が明かされました。
 原作だと月に飛ばされた夏凛を迎えに行く設定だったが、微妙に変更されてます。
 
 一空はキリヱの不死は予知だと思ってましたが、アニメだと独自でたどり着いてました。
 それに不死の秘密を守るのも不死者の弱点を隠すためですが、こちらは信頼していた人に都合で殺される場合があることを追加されてますね。

 そこからはフェイトが刀太を狙っていること、一回目でUQメンバーは全滅すること。
 星仔にキリヱが殺されたことなど、原作通りですね。
 ただ原作ではまだ先に出るはずのカトラスらしいがセリフなしで出てました。
 
 あと刀太がフェイトの名前を検索して雪姫につながるなど、なんかご都合主義な感じがします。
 
 削られた台詞は多いけど、それなりに面白かったですね。
 ネギまの時と比べればまだマシな展開でした。
 しかし書いてて思ったが私は原作とアニメを確認するために見ているようなものだな。

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR