Latest Entries

修羅雪姫 怨み恋歌

 主人公修羅雪姫こと鹿島雪は無残な死を遂げた家族の怨みを晴らすために、この世に生まれた修羅。
 親の仇は取ったのに続編が作られると首を傾げてしまう。

 1974年に東宝で公開された藤田敏八監督作です。原作は小池一雄・上村一夫先生の漫画です。
 当時はプレイボーイに連載されてました。

 舞台は明治38年。日露戦争は日本の勝利で終わった時期だ。
育ての親で殺人技を教えてくれた道海の墓参りをする雪(梶芽衣子)。そこへ刺客がやってきて襲いかかる。
 雪は片っ端から切り殺す。

雪は警察にも追われ、返り討ちにする。途中トラバサミの罠にはまり、原田芳雄さんに助けてもらう。
朝、浜辺で顔を洗っていると警察に囲まれてしまった。疲れた雪はそのままタイホされる。
関係ないが雪を追う、丸山警部(山本燐一)は愛称である修羅雪姫を連呼している。
雪は死刑判決を下される。獄中で生れ落ちた雪は、最後は獄中に帰ってくるという皮肉さだ。
 一応37名を殺したそうだ。津島32人殺しも真っ青である。しかも雪は仕込み刀のみで。

 死刑執行のために護送される雪だが、謎のオタフク仮面の集団がやってきて、彼女を助けた。
 リーダーは南原宏治さんで作中では台詞を一言も口にしないのである。
雪を助けたのは影の軍団と呼ばれる特警の長官、菊井(岸田森)であった。
 彼は助けてやったんだから恩を返せと恩着せがましく雪に命令する。一応借りを返すために菊井の命令を受けた。

 菊井はアナーキストである徳永乱水(伊丹十三)を見張れという。さらに秘密書類も捜せと命令した。
 雪は病弱の妻綾(吉行和子)に代わり女中としてもぐりこんだ。
 というか人殺しが仕事の彼女に女中が務まるのか?実際務まっている。むしろこちらのほうが自然な気がした。

徳永は病弱だといいながら綾とよろしくやっている。しかし彼はただのアナーキストではなかった。
 彼は雪の正体を最初から知っており、墓参りと称して秘密を打ち明けた。
徳永の同志が交番を爆破した。そいつは捕まったが、菊井と寺内(安部徹)はそれを反逆計画とでっちあげ、と徳永の同志は彼を除き、秘密裏に処刑された。
 秘密書類は菊井と寺内のでっち上げの計画を緻密に記したものであった。演説会でそれを暴露するつもりだった。

演説会に行く途中、徳永と雪は警察の待ち伏せを受けた。徳永は逮捕され、雪は逃げた。
 徳永から書類を預かり、徳永の弟周介を頼った。
徳永の弟は原田さんだった。彼は医者だった。

一方徳永は丸山警部に拷問された。彼は雪を狙っているが、菊井は書類がほしい。
 温度差があるが、最後はうまくくっつくことになる。
綾は周介を頼るが断られる。雪は屋根の上にいた南原さんにメスを投げつけた。
 手に傷を負、逃亡するも貧民窟の住民に捕まってしまう。拷問をかけても口ひとつ割らない。
 隙を見て見張りを殺し、自らの腕を斧で切断して逃げた。

徳永はござに包まれ、放り出された。しかもペスト菌を注射されていたのだ。
 狂った綾は警察署に来て、丸山の目を突き刺した。そして殺されてしまう。
周介は二人の遺体を小船に乗せ、火をつけて海に出した。しかし周介の身体もペストで蝕まれていた。

雪は菊井に金を要求したが、菊井は雪を閉じ込め、秘密書類もろとも貧民窟を焼き払った。
雪は怒り、屋敷にいる用心棒たちをたたっきる。怨み骨髄の丸山は猟銃で雪を殺そうとするが、もう片方の目を潰されめくら撃ち。雪は銃を取り上げ、丸山を撃ち殺す。
貧民窟は廃墟と化したが、周介はかろうじて生き延びていた。

最後は菊井と寺内を叩き殺しておしまい。

最後は梶さんのスプラッタアクションで幕を締めます。血がドバドバ吹き出る出血大サービスですね。腕は飛ぶは、もうすごい。関係ないが岸田さんは登場して死相が浮かんでいる気がした。

DVDには小池先生のインタビューがありまして、怨み恋歌の由来はキャラクターを想像させるためだそうだ。キャラを感じさせるのが大切だそうで、弟子の堀井雄二さんもドラゴンクエストという、ドラゴンというわかりやすい言葉と、クエストという難しい言葉をくっつけてる。
子連れ狼も子連れという優しい言葉と、狼という怖い言葉をくっつけることが大事だそうです。

さそりでは脱がされてますが、修羅雪姫では脱がされてません。仏頂面で人をたたっきる女優は梶さんにしかできませんね。梶さんなら普通に思えるから怖い。
これをリアルタイムで観た人に、当時はどんな気持ちで観たのか質問してみたいですね。

魔法先生ネギま 第9巻感想


 魔法先生ネギまの大きな山場といえる麻帆良祭の前夜祭です。

 今まで出番がなかった相坂さよに四葉五月、葉加瀬聡美がクラスメイト編で紹介されました。

 特にさよは声のクラスメイトでも決まったのに、CDが発売されても出番がなかった。
 おかげで性格が原作と微妙に違うなどの軋轢があったね。
 赤松先生は悪い意味でマイペースですから。
 いや、キャラが固まってないのに声優を決めた方が悪いか。
 なんとも微妙な感じだな。

 五月はクラスの中でも一番大人らしい。人間嫌いのエヴァですら認めているほどだ。
 フキダシなしで手書きのセリフなのでかわいらしく見えます。
 CDでは太めの演技でして、これもまた問題でした。あくまで私の中ですけど。

 葉加瀬は3巻で茶々丸のメンテナンスをしていたから、違和感はなかったですね。
 科学信奉者ではあるが、魔法も科学で証明されているので納得しているらしい。
 もっともこの回は茶々丸がメインの気がします。

 永井豪先生の檄まんでも編集部とアニメ制作会社がかみ合わない苦労が明かされてました。
 ちなみに激マンはキューティーハニー編が始まっております。
 永井先生が女体化してハレンチなことをしておりました。

 ああ、永井豪先生に話はそれましたが、ネギまはそれほどハレンチな内容ではないですね。
 主人公のネギが女性に興味がないのが原因でしょう。
 私が好きなのは大河内アキラのバニー姿でした。
 あれ一回で終わらせるなんてもったいないと思いましたね。
 
 この巻では今まで明かされなかった魔法先生や魔法生徒たちとの出会い。
 超鈴音が本格的に関わっております。
 生徒たちの出し物の見学が複雑に絡み合い、ネギはどうにかできるのだろうか。
 修学旅行編以上の受難が待ち構えております。

 関係ないけど超はネギの正体を最初から知っておりました。
 葉加瀬も茶々丸製造に関わっており、超と同じだと思います。
 五月のほうはちょっと微妙ですね。天才二人を大人の彼女が支える感じでしょうか。

コミックリュウ2016年10月号感想

 モンスター娘のいる日常:危険種族はマタンゴのキノでした。
 じめじめして暗い少女です。幻覚を見せる胞子は自分の意思では止められないようだ。
 本人の性格ではなく、種族の特色のせいで危険種族扱いされていたわけですね。
 
 主人公の家をうろついていたのは、ブローカーの出した条件だったようだ。
 ラクネラは今までキーラやキノに対処してきたがなぜ知っていたのだろうか。
 独自の情報網を持ち、そんな種族がうろついているだけを知ったのかも。
 キーラとは顔見知りだったが、最初は気づいてなかったしね。

 11月に発売されるODAではMONのメンバーも出るようだ。すげぇな。
 ODAならではの展開で面白そうだ。

 KEYMAN:けもみみ少女がボビーの鍵を折っちゃったよ。
 でも最終的に死んでるからアレックス的にはだめだよな。
 フランクと出会ったときはすべての獣人を抹殺するとか言ってたけどどうなったんだろ。
 本当の目的はミザリーだから、建前として言っていただけかもしれないな。

 あせびと空世界の冒険者:ユウとゲングは最初は何も知らない関係だった。
 そこにあせびが繋いだという感じか。徐々に過去の話が明らかになっていくな。
 敵側はなぜあせびの破壊を望み、リコリスの身柄を確保しようとするのか。
 相手もリコリスと同じ、永い眠りから目覚め、人間にウォルデシアの技術を渡さないよう暗躍しているのかな。

 放課後ダンジョン高校:どうも宇佐美は甘いな。人を見る目がない。
 かといって露骨に表情を出すのも問題だよね。
 阿螺井の身に危険が起きる。未知の物は大抵そうだよな。

 セントールの悩み:自分が正しいからと言って相手に押し付けるのはだめだよな。
 そういうのが想像力が足りないんだよね。

 きのこいぬ:ほたるの祖母がきのこいぬの元を持ってきたようだ。
 意思を持つキノコは不気味だが、気にしないほたるの祖母はすごいな。
 モン娘でもキノコが出たから、シンクロニシティだよね。
 
 今月号はWEB漫画の第一話が載ってました。
 さらに読み切りも多彩でしたね。

PCエンジン ビックリマンワールド


 一九八七年に今は亡きハドソンから発売されました。

 ジャンルは面クリア型アクションRPGです。
 プレイヤーはヘッドロココを操作し、始祖ジュラを倒しに行きます。
 途中で鎧や盾、靴などを購入し、ボスを倒して剣を入手するのです。

 当初あのビックリマンがゲームになったときは歓喜しましたね。
 ボスキャラは悪魔のワンダーマリアやスーパーデビルが登場してるのですから。
 ただなんでロココがパンツ一丁なのかはわかりませんでした。

 真実を知ったのはスーパーのゲームコーナーでした。
 そこで見たのはセガのモンスターランドだったのです。
 ボスとショップの店員を差し替えただけの内容だったのだ!!
 
 高橋名人の冒険島と同じことを繰り返していたのだ!!
 これを知ったときはショックでしたね。ハドソンはパクリしかできないのかと思った。
 もちろんセガの許可を取っているのは当然だろう。でなけりゃ訴えられている。
 ハドソンが潰れたのは自社オリジナルを作れなかったのが問題ではなかろうか。
 もちろん移植は悪ではない。だが他者の作品を自社ブランドにするのはどうかと思う。

 それとハドソンにはオリジナルでも面白い作品はたくさんあった。
 だが人材の待遇に問題があったのか、ハドソンを離れていく人が多かったようだ。
 小学生時代は憧れていた会社なだけに悲しい気持ちになってきましたね。
 
 あとモンスターランドの移植としてはよくできていた作品だと思います。
 グラフィックは原作に近いし、BGMもほぼ再現されておりました。
 ビックリマンの冠がなければ知られなかったと思いましたね。
 その点はハドソンの功績だったです。

 ちなみに開発のウエストンはセガだけでなく、ハドソンでも多いです。
 あっぱれゲートボールもウエストンだったのですね。
 残念ながら二〇一四年に倒産した模様です。
 少しずつかつての会社が消えていく。悲しいけれど節理なのかもしれない。

 ゲームが面白いからといってゲームデザイナーを目指す人はきちんと現実を見よう。
 その上で納得したのなら目指してみるのもいいでしょう。
 まあゲーム関係の仕事などしたことがない私の言葉など意味はないけどな。

 あとビックリマンのアニメの動画も張りました。
 パッケージはアニメ版ですけど、内容にかすりもしてませんな。

モンスター娘のいる日常のベストアルバム購入しました

 モンスター娘のいる日常のベストアルバムを購入しました。

 アニメのOPとED、イメージCDの曲を収録しております。
 新曲はMONメンバーのソロ曲が収録されてます。

 特にすごいのがドッペル役の大西沙織さんですね。
 声真似を使った歌ですごかったです。
 大西さんは羊の時でもキャラ全員の物まねをしてました。

 他のメンバーもキャラに合った曲なのでお勧めです。

修羅雪姫



1973年に東宝で公開された藤田敏八監督作です。原作は小池一雄(今は小池一夫)・上村一夫先生の同漫画です。

 明治7年、雪(梶芽衣子)は刑務所の中で生まれた。
 母親の小夜(赤座美代子)は刑務所に入る前は小学校の教師である夫の大門正明と赴任してきた。
そこへ当時は徴兵制度が発足され、白装束は徴兵官と呼ばれていた時代であった。

塚本(岡田英治)、竹村(仲谷昇)、徳市(地井武男)、おこの(中原早苗)は無知な村人をだまし、大門正明を徴兵官と偽って殺した。 子供も一緒だが、殺害シーンはなく、川に血が流れるだけであった。
小夜は男たちに犯され、徳市と一緒になった。そして隙を見て殺した。
小夜は無期刑を喰らい、復讐の代替わりに所かまわず男をくわえ込み、妊娠した。そしてその子に復讐させようとしたのだ。

雪は道海(西村晃)の児童虐待ともいえる厳しい修行を繰り返し、殺人兵器と化した。
浮浪者の元締めである松衛門(高木均)の依頼で、やくざの柴山(小松方正)を殺す。
 その代償として、松衛門の全国ネットワークを利用する雪。

まずは竹村の居場所を突き止めた。娘の小笛(中田喜子)は身体を売って稼いでいた。
竹村が賭場でいかさましようとしたが、ばれて殺されそうなところを雪が助けた。仇はあくまで自分でとりたいのだ。
泣き喚き、命乞いをする竹村を容赦なく殺し、不自然なくらい血に染まる海。
 わざわざ崖まで遺体を運び、海に捨てるなど意味不明な行動に出る雪であった。

仇の一人であり、事件の首謀者であった塚本は3年前、アメリカ行きの船が難破して死亡した。
 腹いせに生花をぶった切る雪。それを新聞記者の足尾(黒沢年男)が目撃した。
彼は雪に興味を持ち、道海から雪のことを取材して修羅雪姫の小説を書いた。このシーンは原作の絵を使用してますね。
道海の狙いは潜伏しているおこのをおびき寄せるために、あえて雪の話をしたのである。

足尾のもとに小笛が来て、修羅雪姫の話はノンフィクションだと語る。
 雪にとっては仇の一人だが、小笛にとってはたった一人の身内。怨み骨髄になっていた。
そこへ警官たちが修羅雪姫の小説について、人心を惑わせたとして足尾をタイホした。
 しかし小笛は料亭花月から来た偽者と見破る。

 案の定罠に引っかかったおこの。雪は偽警官をぶったぎり、血みどろ大サービスを繰り広げた。
あまりの狂気におこのは首吊り自殺をした。自殺した腹いせに雪はおこのの遺体を真っ二つにした。

敵討ちはこれでおしまいと思いきや、実は塚本は生きていた。さらに足尾は塚本の息子であった。そのことを告げる足尾。
雪は塚本抹殺のために鹿鳴館へ乗り込んだ。

梶さんは日活出身ですがこの当時はさそりシリーズでは東映に、この作品では東宝と、いろんな会社の作品に出演しています。
 昔は五社協定なるものがあり、そこの会社以外は出演できない決まりでした。
それを言えば地井さんも日活出身だし、小松さんも東映作品によく出てました。
ちなみに監督の藤田さんは日活ロマンポルノを撮ってたことがあります。この時期はもう五社協定はあやふやになっていたのでしょうか。

梶さんは野良猫ロックのときはかっこいい女性として出演してました。それがさそりシリーズでは一味違う演技を見せてくれた。
 修羅雪姫では復讐のために敵をばったばったと切り殺すかっこいい役を演じてます。
血がギャグ漫画のように吹き出て、腕が吹っ飛ぶシーンは残酷というより噴出しそうになりました。
 でも当時としてはやはり残酷に見えるのでしょうね。

小池一夫先生の緻密な時代考証と、大胆なエログロ描写がこれでもかと発揮しております。
それを稀代の名女優梶芽衣子が演じているのですから、面白くないわけがない。
さそりシリーズでも彼女の存在なしでは成り立たなかったです。もっともそれを演じきる梶さんもものすごいです。
梶さんは作中でも歌ってます。

DVDには梶さんと小池先生のインタビューが収録されてお得です。
藤田監督に対する思いや、着物を着ててつかれたなど興味深い話が聞けました。
いつ撮ったかはわかりませんが、梶さんは老けてました。
 しかし、老けているからこそにじみ出るオーラを感じ取ることが出来ました。
 日本人として生まれてよかったなと思うときは、梶さんのような女優が日本にいたことと、彼女の出演する映画を借りれるといったところでしょうか。

魔法先生ネギま 第8巻感想

 修学旅行からかえって数日経った後、ネギはエヴァの元で所業をしていた。
 ある事情でネギの修業を知った明日菜たちは、ネギから昔話が語られる。
 その一方で那波千鶴、村上夏美は行き倒れの犬上小太郎を拾う。
 そこに不穏な空気が流れ始めた。ネギと小太郎を狙う悪魔の影がちらついてきたのであった。

 犬上小太郎の早々の登場に大興奮しましたね。
 まさか那波と夏美が関わるとは思いませんでした。
 巻き込まれたのは那波だけで、夏美は放置されましたけど。
 もっとも後になれば夏美が災難を受けるんですけどね。

 ネギの暗い過去が明かされました。村を襲撃され村人は石化したのだからトラウマになるな。
 別にネギの責任ではないのだが、子供であるネギには酷な話だと思う。
 ネギの父親、ナギを悪く言うスタン爺さんは一番ネギを想っている気がした。
 周りは無責任にサウザンドマスターはすごいと言っているが、スタンだけは違っていた。
 ネギは自分で進む道を決めてほしかったのだろう。

 だが運命はネギをもてあそぶ。
 かつて村を襲撃した悪魔が再び現れたのだ。
 小太郎と協力してなんとか退けた。

 当時は小太郎は誰によって解放されたのか謎でした。
 さらに悪魔はスタン爺さんによって封印されたのに、なんで解放されたのかも謎でしたね。
 正直赤松先生は謎を放置する傾向が強いのでムカつきました。
 
 今回で明日菜がマジックキャンセラー能力を持っていたことが明かされました。
 パンツを消し去られる役割出なかったことがわかりましたね。

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR