FC2ブログ

Latest Entries

天然華汁さやか 実写版

2009年に公開された宇田川大吾監督作です。原作はヤングマガジンに連載されていた同名の漫画で、佐能邦和先生の作品です。TMCのOSCARから出てます。

清らかで可憐、さらに生徒会の書記を務める優等生、それでいて爆乳Hカップの鼓さやか(桐山瑠衣)。処女の彼女は好奇心マンマンで、常にエッチな妄想を膨らませていた。単語帳にPUSSYと書いたり、書道部で卑猥な単語を書いたり、ホットドックを見ただけでも、あらぬ想像に悶絶する始末だ。その妄想シーンで鼠先輩が医者や警備員、教師や刑事など幅広く出演している。もっとも手抜きと言われても仕方ないが。

さやかの憧れは、超人気男子の伊藤優希(金子直史)だった。とはいえ、スポーツ万能で、中学時代からファンクラブがあるほどの彼からは、相手にされるわけがない。さらに男の身体を勉強するためにAVを借りたが、間違って伊藤のDVDを持ち帰ってしまった。もう伊藤にスケベ女と思われた!!諦めていたさやかにある日、伊藤が声をかけてくる。「今度、試験の前に数学を教えてくれないかな?」と誘われる。
いけない女教師になったりと果てしなく妄想をはじめるさやか。伊藤に勉強を教えるうちにオーガズムを感じるほどであった。

そんな彼女も、仲間を見つけた。さやか同様、熱烈にエッチに憧れる同級生で、いつも赤ジャージを着て、さやかたちにエッチなことを実践させる体育会系の蒼木そら(笠原美香)、いつも卑猥な言葉を理解せずに口にする綾川凛(岩田ゆい)、地味だが身体はすごい笠井忍(木部香菜絵)。4人は、サークル「処女組」を結成する。体験したいお年頃な「処女組」の野心と活動とは、エロ本でエッチなポーズを実践したり、休日にナンパされたりすることだ。
男にビリヤードを誘われるが、それを卑猥なものと連想するさやか。

ある日伊藤から家で勉強を教えてくれと頼まれるさやか。しかし、そらも伊藤が好きだった。女の友情と恋の板ばさみに悩むさやかだが、処女組の後押しで伊藤の家に行く。処女組の面々から教えてもらったことを実践するが……。

さやか役の桐山さんは胸がすごい。本編は彼女のナレーションで進んでいく。原作を読んだことがあるが、ここまではまっている人は観たことがない。エッチ度は原作より劣るが、十八禁ではないので、こんなものだろう。隠語を連発する岩田ゆいさんだが、事務所はOKを出したのだろうか?少なくとも地上波では放送できないレベルだ。

エロがメインだけど、年頃の女性の悩みや、処女組の友情など、青春物としてはよく出来ていると思う。
もっともエロが苦手な人は向かないと思う。

ニンテンドースイッチ ウルトラストリートファイターⅡ



 2017年にニンテンドースイッチから発売されました。
 
 懐かしのストリートファイターⅡを楽しめます。
 時代に合わせネットでの対戦も可能です。

 キャラはスーパーストリートファイターⅡが基準で、殺意の波動に目覚めたリュウと、洗脳されたケンをプレイできます。
 現代風にリファインされた画面とサウンドから、旧画像も楽しめるのです。

 ベリーイージーだと相手は必殺技を出さず簡単にクリアできます。
 歯ごたえがほしければイージープレイが必須ですね。
 
 私はもろにストⅡブームの中で生きていました。
 当時は地元のゲームコーナーではスト2で盛り上がっていましたね。
 勝ち続ける人は英雄に見えましたよ。
 それほど熱気のある時代でした。

 スーパーファミコンに移植されたときも、私は購入しました。
 兄弟で対戦して楽しんでいましたね。
 まあキャラ性能で負けたりしましたが。

ファミコン ダブルドラゴン

1988年に今は亡きテクノスジャパンで発売されたアクションゲームです。
 元はアーケードゲームの移植です。
 
ストーリーは「ブラックウォリヤーズ」にさらわれた恋人を救い出すため、ビリー・リーを操作して、敵と戦いながらステージを進んでいくのです。
 スラム街を進んでいき、工場だの、廃墟ビルなどを進んでいきます。
 途中で梯子を上ったりといろいろありますね。梯子は登り切らないと横に移動できないので注意です。

 相手は武器を持っており、それを奪って攻撃することも可能です。
 敵に攻撃が当たると経験値が得られ、一定量まで増えるとレベルアップします。
 ファミコンならではの要素ですね。

 新たにアッパーカットや背負い投げなどの強力な技が繰り出せます。どういう技を覚えるかは教えてくれません。
 ボスなどはボタン連打では勝てないので、これらの技が必須になるのですね。十字キーを押したりと色々調べてます。
 ファミコンですが背景は作りこまれており、アクションパターンも多いです。

 昔はテクノスジャパンと言えば、くにおくんやダブルドラゴンでした。
 敵を殴ってぶちのめす快感がたまらないのですよ。
 ただファミコンはちょっともっさりした感じがします。そこをレベルアップ要素で補っているところでしょうか。

ダンジョン飯 第7巻感想



 最初はライオスの妹ファリンを探すのが目標だった。しかし彼女は狂乱の魔術師により魔物に変えられた。
 彼女を救うためにライオスたちは狂乱の魔術師を探し、対話することが新たな目的となった。

 新たな同行者はイヅツミという猫忍者だ。人間と獣の魂がまじりあった存在である。
 もとはシュローの家来だったが、呪いを解くためにマルシルを脅迫した。
 その後、なんだかんだとついてくことになるが、彼女は偏食だった。
 まあ、主に魔物食に対してだが、これは仕方ないと思う。私だって魔物食はおっかなびっくりだ。
 食べてもいいと思うのは肉関係かな。

 それと狂乱の魔術師は男でシスルという名前であると判明した。
 迷宮にはかつての王デルガルの孫ヤアドと出会う。彼からシスルと会話する方法を聞き、そこを目指すことに。
 ちなみにかつての国民は不老不死にされ、魔物たちを家畜に育てていた。
 シスルのせいで死ぬことができず、外に出れば悪霊になるなど悪夢以外の何物でもない。
 一応シスルはデルガルのために不老不死へ変えたのだが有難迷惑だ。自分のしていることを理解してないから狂乱なのだろう。

 そしてセンシの過去だ。彼は大人たちと共に迷宮に紛れ込んだ。ところが大人たちは死に絶えセンシだけになった。
 外に出たが故郷に帰る気になれず、迷宮で食事の研究をすることとなったのである。
 それとチルチャックが妻子持ちだとも判明した。これはびっくりだな。

 今回は結構魔物食が多くて大満足でした。かといって食べたいと言われたら悩むね。
 料理というのは大切だと思う。レトルトカレーも毎日食べれば飽きる。というかイライラしてくるのだ。
 実際に泊りの仕事でレトルト物を食べ続けたが、気持ちが不安定になったのである。
 昼にセイコーマートのきんぴらごぼうや切り干し大根を食べて、気持ちを落ち着けたことがあった。

 本当に日々の食事は大事だ。不安定な日々も様々な料理のおかげで気持ちを切り替えられる。
 まあ、作るのは大変だよね。毎日作ってくれるお母さんたちに感謝しましょう。
 多くはスーパーで買った総菜を出すことが多いよね。仕事が忙しい家庭ならなおさらだ。
 ダンジョンという緊張感を維持しないといけない場所では、おいしい食事は命の源です。
 もっとも魔物を食べるのは抵抗あるけどね。家畜や狩猟で得た肉と変わらない気はする。

 それはともかくライオスたちの旅の終わりはいつになるだろうか。
 ゆっくりですが着実に終着点に近づいている気はする。

おっぱいバレー

2009年に東映で公開された羽住英一郎監督作です。題名はアレですが、中身は七十年代の青春ドラマです。一応実話を基にしているようですが、実際はかなり脚色しているようで、ノンフィクションではそうだ。

ある中学のバレー部は少年らしいエロ妄想に取り付かれた健全な集まりであった。もちろんエロしか興味のない彼らはバレーなど知らなかった。
ある日、新任教師として寺嶋美香子(綾瀬はるか)が赴任してきた。彼女は少々天然ボケで道程の本を紹介し、男子は童貞を連想するとゆう始末だ。
彼女は陰険そうな教頭(光石研)に男子バレー部の顧問を言い渡される。新任には楽なものだと思われたのかも。
バレー部員どもは壁に穴を開け、隣の部室を覗くなどエロスにほとばしっていた。
美香子はいきおいで試合で一勝したらおっぱいを見せると約束してしまった。案の定部員どもはエロスパワーを爆発させた。

美香子は前の学校で、生徒たちとの約束を破ってしまい、それがトラウマになってしまった。今度こそ生徒の約束を守るために美香子は奮闘する。
同僚の堀内(青木嵩高)や、一年生の城の父親(仲村トオル)の協力の下、部員たちは確実に力をつけてきた。
城がバレー部に愛想を尽かし不良とつるんだり、バレー部の先輩の中井(石田卓也)と喧嘩したりと、青春を謳歌していた。
しかし学校側では約束がばれてしまい、美香子はクビになってしまう。

自分の選んできた道が間違っていたのか?美香子は恩師の墓参りをした。そこで恩師の奥さんと話をして、美香子の中学時代、彼が彼女に感想文を書かせる本を選んでいたことを知った。

試合は負けたが、彼らは負けた悔しさでいっぱいであった。もっとも彼女の胸に飛び込み、触れることが出来たから、おっぱいを見るよりよかったかも。
少年たちのあふれんばかりのエロスパワーはすごいね。

綾瀬さんの前髪切りそろえた髪型にエロスを感じたのは気のせいでしょうか。でも綾瀬さんの胸はそれほど大きいとは思えませんが。
劇中では当時の流行歌が流れてます。
一応主人公は美香子で、おっぱいを見せるか、見せないかで悩み、苦しみ、成長していくところはよかったです。
昔の彼氏とのベッドシーンで「私のおっぱいは私だけのものじゃないの!!みんなの希望が詰まっているのよ!!」は名台詞だと思いました。少し違うかもしれませんが。
笑い、泣き、怒る。これぞ青春映画の傑作だと思いました。私の中では。

UQホルダー 第159話 ヒィィィィ! UQホルダーがピンチだぁぁぁ!!



 UQホルダーNo.3の七尾・セプト・七重楼と、No.5の獅子巳十蔵のふたりが仙境館を襲撃しました。
 甚兵衛と源五郎が真っ二つにされましたよ。これはひどい。
 いきなりの凶事にもうめちゃくちゃだ。もっともわくわく感も上がっているので最高だけどな。

 話は戻るが前回ニキティスの元で訓練を受けることになった刀太。
 ニキティスに魔力の0・07%を注入され、もう暴走しまくりです。
 いきなり強烈な力で身体を馴らすというわけか。甘やかしのない教育だな。

 さらに魔力を増加され、刀太の身体はこっぱみじんこだ。
 ところが瞬間移動っぽいので現れて、ニキティスの顔面にパンチが炸裂。
 これにはニキティスも激怒。パニックになってますよ。
 攻撃されたことが少ないから動揺しちゃってますね。この辺が彼の弱点だろうか。

 もっとも気を取り直せば、すぐに対処できるからそこまで甘くないか。
 その後インターバルで刀太は技の名前を考えるが、候補に前回の降魔兵装 魔天大壮は影も形もない。
 おそらく別の誰かが後から付けたんだろうな。

 刀太としては雪姫のために強くなりたい。ヨルダを倒すのも大事だが彼女も大事だ。
 なのにいきなりニキティスらが襲撃してきたのは衝撃である。

 そもそもなんでニキティスたちは動き出したのか。彼らの後ろには真祖のバアルがいる。
 刀太とフェイトが組もうとしたから彼らは動き出したのだ。
 それにニキティス自身刀太を鍛えている。刀太が強くなれば厄介なのだが、あえてニキティスは鍛えた。

 よく考えるとヨルダは何をしたいのかわからない。この世の不幸な人の声を聴くくらいだ。
 ネギまのように魔法世界の人間を完全なる世界へ送り、幸せな暮らしを送らせる計画を立てていた。
 UQの世界では貧困の差と紛争が続いているが、ネギのおかげでマシな状態になっている。
 ヨルダは魔法世界だけでなく、太陽系すべてを完全なる世界へ送るのかな。
 バアルはそんな不自然な世界を否定する。ヨルダもバアルも独自の正義で動いている気がするね。

ファミコン 熱血高校ドッジボール部

1988年に今は亡きテクノスジャパンで発売されたアクションゲームです。

 くにおくん率いる熱血高校が、ドッジボール大会に出場して世界一をめざすのだ。
 なんで不良のくにおくんがドッジボールをやるんだよと、疑問に持つ人がいるだろう。私にもわからない。
 元はアーケードゲームの移植ですが、パワーアップした異色だと思います。

 アーケードだとくにおがやたらとでかく、他の選手は半分ほどの背丈しかないからね。
 キャラには名前がついており、試合前にポジションを決めます。

 まずは日本から始まり、いぎりす、あいすらんど、いんど、ちゅうごく、それん、あふりか、あめりかと進みます。
 ちなみにいんどとそれんはファミコンからです。いんどは耐久性が高く、それんはカチューシャのアレンジがすばらしいです。
  
 相手チームの内野手にシュートを当てて体力を減らし、内野手3人の体力をなくすと勝利になる。
 というか現実のドッジボールと逸脱しているよ。相手が死ぬまでボールをぶつけあうんだから。
 おかげですぐには終わらず、じっくり楽しめるけどね。

 「必殺シュート」や「ナイスシュート」を当てると、相手の体力を大きく減らすことが可能だ。
 ダッシュしたり、ジャンプしたりと色々です。選手ごとに設定されていますね。
 ただしステージによってはダッシュができない場合もあるので注意です。

 不良学生のくにおくんがドッジボールに鎬を削る。
 なんともミスマッチですが、くにおくんシリーズでは良作だと思います。
 現在はアークシステムワークスが権利を持っており、くにおくんを出し続けているのです。

Appendix

プロフィール

江保場狂壱(こうほば・くるち)

Author:江保場狂壱(こうほば・くるち)
ようこそいらっしゃいました。
江保場狂壱の面白いと感じたものを紹介しています。
映画や漫画、ゲームなどがありますよ。
まあ一貫してないのが難点だけどね。

最新記事

カウンターショック

皆様のおかげで元気になれます。来てくれてありがとうございます。

買い物

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR